ネコミミにひかりあれ

日記を書くことがあります

dマガジンで雑誌を乱読している

dマガジンが大変便利だ。今までどうして入れていなかったんだろう(雑誌を紙で読みたい派だと思い込んでいたから)。
週刊ベースボールが読めるようになって嬉しいし、普段は読まない雑誌も雑に読める。本屋で立ち読みしている気持ちになる。

LEONの、ダウンタウン松本人志が表紙になっている号が配信されていたので読んだ。久しぶりに読むと面白くて、社会的地位の高さを7秒で伝える縦縞シャツが出てくる。縦縞シャツに社会的地位の高さを感じたことがないので良かった。
スーツやシャツ、ジャケットを着ている人を見ると(営業の方だな〜)と思う程度にオフィスカジュアルから遠い生活をずっとしているので、LEONは私のような人間は相手にしない雑誌なのだと思う。当たり前なのだけど。

で、arとかを読んでいると、平気で「一日一食」とか水素ゼリーをおやつがわりにしているみたいな話が出てくる。おいおい、と思うけどまあそういう雑誌だしな。
今季は(今季も?)ミニスカートや肌の露出が流行っていて、そうするとやっぱりモデル体型、痩身、みたいな写真がバーンと載っている。間違っても私のような中肉中背の人間は載っていない。
まあ雑誌の中に私のような人間はいないんですけどね!みんな雑誌って何を求めて読んでるんだろう?

一昔前のボディポジティブ〜とか皆んな違って皆んないい〜の世界はあんまりないと思う。
まあボディポジティブだって相当怪しかったけど。多様性すてき!と皆んな言っているように見えるけど、多様性ってあんまりなあ。わかるんですけど。

大きなメディアの中に自分と似た存在がいないことが心細かったのです。憧れとかキラキラしかない。それはそうなんですけど!!
私がまだティーンエイジャーだった頃には一重まぶたの化粧の情報なんてずっと少なくて、大きくなったら二重になるもんだとばかり思ってました。そんなことはない。太ってたり太ももの前が張ってたり腹に肉がついてる人間はファッション誌の中には当然いなくて、でも真似できるでしょ?って距離感で提案されていて、面白い。
VOGUEとかELLEとかは純然たるファッションですよフフ、みたいな感じで真似する気すら起きないものが載っている。アートみたいな感じで。

手が届きますよ。あなたも真似してみてね。と言わんばかりの一ヶ月コーディネートも、化粧のやり方も、一日の食生活も、透明で分厚い壁があって、バーンと弾かれている。女性誌を読んでるとそんな気持ちになる。
だからかな。LEONの貫いている感じは、わたしが無関係で、ハナから相手にされてない感じが大変面白かったこと。
社会的地位の高さを7秒で伝えてみましょう。

中日ドラゴンズ vs 横浜DeNAベイスターズを見に行った

実は横浜ファンなので、ぼちぼちスポナビとかで試合経過を見たりしている。
ただすっごいニワカファンなので(監督が中畑になってからなんとなく興味が出て、本当に薄く追いかけている程度)、詳しいルールはよく分かっていない。
それでもなんとなく楽しいのが野球というスポーツなのだった。

そういう話をしていたら恋人も特に予定がないときはtvkプロ野球中継を見るようになり、横浜の試合について教えてくれるようになった。
恋人は名古屋の出身だけど野球が好きではなく(ただ「燃えよドラゴンズ」はなんとなく歌える)、私が野球をなんとなく好きというだけでこんなに見てくれるようになるんだ、と感動していた。
そうしたら「野球を見に行こう」という話になっていた。

そして行ってきた。2022年5月3日の中日戦。
試合前に軽く腹ごなしをしようということでマックでチキンタツタのセットを食べてから、関内へ向かう。
数年前に行ったときの印象では「1時間ぐらい前に着いていればおつまみやビールは買える」という感じだったけど、とんでもない。
すでに横浜〜関内間で超満員になり、スタジアムまでは行列が続く。こんなに野球って大人気だったっけ?!と思うぐらい。
もちろんおつまみは買えず(持ち込み非推奨だけど、持ち込んでいる人が沢山いたので…これは持ち込んだほうがよかったなと思った)、とりあえず席についてビールとレモンサワーで乾杯をした。


ざっくぅ、ハマスタの広告にいないと思ったらカップにいた。かわいい。

たぶんご飯を買うなら開場と同時に入るぐらいじゃないとだめなんだな…次はがんばりましょう。
7回か8回ぐらいでようやく「ベイカラ」だけは買えてよかった。味が濃くて酒が進む味をしている。

肝心の試合は3-7で負けてしまったけど、やっぱり現地観戦は楽しくて、あっつい。
そう。この時期はほんっっとうに暑いのだった。
とにかく暑いので当日買った大和のタオルを頭からかぶったりアクエリアスを買ったりしていた。
(私は紫外線対策バッチリ!ではなかったが、ダブルフラーレンUVとespoir の下地にジバンシィのパウダーで特に焼けた感じはしなかった。フラーレンがいいのかもしれない)

ということで以下に反省点。

  • いわゆる球場メシを食べるなら開場(12時)前には現地に着いてないとしんどそう。目玉チャーハンは限定らしいし、とにかく並ぶ…。
  • かならずチケットを見せるのでチケットホルダーはあったほうが良さそうだった。
  • レプリカユニフォームはあったほうがよかった!選手によってはオンラインでサイズ売切のものがあるので、早めに購入が吉っぽい。
  • 帽子とタオルは出店みたいなところで買えるけどユニフォームはなさそうだったので…。
  • 水ぐらいは持ち込んで良さそう。おつまみ持ち込んでいる人もいたので、、、
  • 内野指定のBだったかな?すっごい上のほうの席を取ってしまって移動が微妙に大変だった(トイレは近くてよかった!)ので、次取るなら頑張って低層の席を取ろう

帰り道は日本大通り駅から帰ったけど、恋人が「意外と楽しかった」と言っていたので(負け試合だったのに〜!)、次も行きましょう、と言っているところ。
夏は確かビアガーデンみたいなことをやっていたと思うから、そういうのにフラッと行くのもいいかもしれない。
というか、真夏のスタジアムのデーゲームは、もうきっつい…。
(高校野球のために神宮とか行ってたけど、あれとはまた違うので、、、)

2021-22シーズンの終わりとまとめ

2021年12月中旬ぐらいから滑り始めて、2022年4月29日〜30日まで滑った。5ヶ月の間毎週滑っていたわけではないけど、月に2回程度行っていて、今シーズンは8回行っていた。
シーズンインは野沢温泉だった。というか、年末にニセコに行った以外はすべて野沢温泉で滑っていた。
流石にもう5回券とか、お得なシーズンパスのようなものを検討してもいいような気がする。とにかくそのぐらい滑っていた。


野沢温泉にはナスキーというキャラクターがいるのだが大体この時期(なのか?)にはナスキーの雪だるまを作るのが本当にうまい方がいて(3年前にもお声がけしてた)、それを見つけては嬉しがるということをしている。

今シーズンもBURTONのStoryboardで滑った。去年は春先に一度talentscoutを出していたみたいだけど、今年はやめた。
去年板を変えても、なにが変わったのかまったく分からなかったからだ。
ただ今シーズンは昨シーズンよりパウダースノーに突っ込むことができていて(当社比)、それは何故かと言うと多分Storyboardのおかげなのだと思う。talentscoutだったら、もう少し踏ん張るというか、板がうまく浮かなかったかもしれない。私の技量がないからだけど。

今シーズン嬉しかったのは、恋人の友達とも滑れたのはもちろん、私の友達とゲレンデで会えたことだった。
野沢温泉楽しいよおいでよゲレンデで会おうよと言っていたら本当に来てくれた。しかも私じゃなくて友達が私たちを見つけてくれた。


昭和のゲレ食と我々が呼んでいる久保田食堂にも行ってくれたみたいだった。私たちも日影ゲレンデからスタートするときは割とここに行く。何食べても美味しいのだと思う。
オリンピックの時期には、ハーフパイプの決勝戦を中継していて、男女3人組がこれから滑りに行くのだろうにテレビの前から動けないでいた。ビールと唐揚げとか頼んでて羨ましかったが…。
(我々は滑ってる時はお酒飲まない)

まあ全部恋人のおかげです。私はおんぶに抱っこで介護してもらっているにすぎない、ホットワックスは頑張れば入れられるようになったと思いたい…。

野沢温泉にこんなに行っているのは定宿があるのも大きいけど、馬刺しと日本酒の愉しみを知ってしまったのが大きい。

ゲレ食も何食べても美味しいし、温泉に入る楽しみもある。新幹線でのアクセスも良い。
野沢温泉に行かない理由を探す方が大変な気がする。

私はといえば、ニセコに連れて行ってもらって、林間コース(という名前のリフト下)でパウダースノーに少し慣れた。2月か1月か忘れてしまったけど野沢温泉も大雪が降って、スカイラインから柄沢へ下っていくと柄沢がほぼ全てパウダーだったことがあった。
道が長くて私はまだ気を使うからスカイラインはくたくたになるのだけど(今季は衝突もされたからスカイラインは好きだけど好きではない)、でもあんなふかふかの、生クリームみたいなパウダーがあるなら柄沢まで頑張ってもいいなと思った。

パウダースノー、乗ると板がもっともっとと滑らせてくれる。足の裏の感覚もすごく気持ちいい。だからみんながパウダーを追いかける理由は少しわかった。

来季はどうなるんだろう。
やっぱり野沢温泉にたくさん行くんだろうな、そうそう、ぶなで食べたカレーが本当に神保町のカレー屋さんみたいな味でよかったです。

あとはやまびこで食べる焼きカレーかな。
こっちはかなりジャンクな味がする。

楽しいスノーボードやっていくぞ!!

もしも英語が使えたら、

小学生の頃、唐突に「英会話」というものが時間割のなかに入ってきた。
視聴覚室に集められて、やたらテンションが高い外国人の方と会話の真似事をさせられる。失敗したら恥ずかしいという空気が蔓延した中で。
もうそこまで幼くなかったほとんどの子供たちが遠慮がちに「は、ハーイ」と出席の返事をしていたような気がする。
私もその一人だった。

人生の半分以上は英語に触れているのに、一向にうまくならない。
うまくなりたいという気持ちはあるのに、失敗したくないとか、恥ずかしいという気持ちが強すぎて音読すらできない。
SVOという文章の型みたいなものもよくわからないから、中学に入ってからは英語が苦手科目になった。
大学生になって単位のために受けたTOEICも、人にとても言えないスコアしか取れなかった。

それまでの人生では英語は別に使えなくていいと思っていた。
使う機会もないし、海外にも行かない。行ったこともない。興味もないし、遠い世界になりつつある。
ところが、やっぱり英語が使えた方がいい場面というものがある。

それがスノーボードだった。

ある時、野沢温泉のゴンドラの中でおそらくバックカントリーの装備の、外国人男性に話しかけられた。
私は何を言っているのかよくわからなかったけど、横にいる恋人はなんとなく談笑をして、それから別れていた。
あとで何を話したのか聞いてみると「なんかね、装備を自慢したかったみたい」と言っていた。
なるほどなあと思いながら、私は会話が分かんないからよくないな、と薄ら悲しいのか悔しいのかわからない気持ちになったのだ。
英語が使えたなら今度は私が装備の自慢をできるし、世間話もできるだろう。
愛想笑いであははと流さずに、自慢話に付き合って談笑できるかもしれない。

恥ずかしさを払拭するところからだな、と思って音読ぐらいはやっている。
学習時間をもっと増やさないと使えるようにはならないな、と思いながら、今冬までにはどうにかなっていて欲しいと思う。
「海外にも行かない。」と書いたけど、もしかしたら、もしかして、向こうのゲレンデとかにも行ってみたくなるかもしれないから。


#もしも英語が使えたら

#もしも英語が使えたら
by クリムゾンインタラクティブ・ジャパン

あんまり頑張ったことがない

「りっすん」は好きなメディアなのでよく読んでいるんだけど、そこで出てくる人々は皆一様に「すごく頑張ったけど、今は力を抜いています」という感じだ。すごいキャリアをお持ちの方とかが今はその路線からドロップアウトしたけど、自分らしく肩の力を抜いてやっています、みたいな。私はそういう話を読むのが好きだから読んでいるけど、つらい気持ちにもなる。
私はそんなに頑張ってないな、と思うからだ。

体を壊すまで働いたことがないし、心なんて壊れたことがない。
大体そういうメディアに出てくる人々は、多かれ少なかれブラック企業に所属していたか、すごい働き方をされていて、心と体にガタがきている。
私は、そこまで頑張ったことがないし、頑張れたことがない。

皆がヘトヘトになって働いているのを、自分は後ろから眺めている、ということが多い。
1社目も、2社目も、3社目も、ヘトヘトになった人々だけが味わえる疲労と達成感は、私になかった。
4社目の今もあやしい。相当、あやしい。そこに至るように努力したいとは思うのだけど。

皆「潰れる前に逃げろ」と言う。私は潰れたことがない。
頑張ったことがない人生だな、と思う。
体も心も潰したことがない私は、もう仕事についてコメントできないな。

2社目のときに、本当に苦手な人がいて、自分の適性もなかったとは思うけど苦しい時があった。
心療内科にもかかったし、わけもなく泣いてしまうことがあったけど、翻って自分はあまりにも働いていなかった。不注意でミスをするしコミュニケーションもできていなかったな、と思う。

頑張った人に向けられた、もう頑張らなくていいという言葉を受け取る資格がないので、そういうメディアを見ると目を伏せてしまうようになった。
私頑張ってないので、そういう言葉を向けられてはいけないんだよな、もっと頑張らねば…ちゃんと…と思っている。

働いているけど、本当にこれ私の労働の対価なんだろうか。世の中にはもっと働いている人がいるわけで…と思う。
1社目の上長は優しかったので、自分がそういう不安を吐露したとき「自分がそう思っていても、その労働について僕たちはこういう評価をしている、ってことなんだよ」みたいなことを言ってくれた。
今の会社の上長も優しいので、1on1で「何か不満なことはない?」とか「最近割と残ってるけど大丈夫?」と言ってくれる。その度、力になれなくて申し訳ないと思う。

力になるべく頑張ってはいるのだが、いるはずなのだが。頑張りが足りないのだと思う。
優しい語をかけられる資格はないよなあ。はい。

株式会社はてなに入社できなかった

入社するのを忘れていたので今年は入社できませんでした。

もうずっと言っているけど、私ははてなが好きなので、何度も受けて何度も落ちています。
人事の方に申し訳なさすぎる。多分よくわからない履歴書を見て「またこいつか…」って思っているかもしれない。すみませんでした。
今でもはてなで働けるって言われたらホイホイついていくと思う。

それはそれとして、私は私でぼんやりと過ごしている。
転職の多い人生だと思う。一社目で長くやっている当時の同僚とかをインターネットごしで見ると、私も残っていたらどうにかなったのだろうか、と思ったりする。
まあそんなに頑張るガッツはなかったし、二社目で泣きながら働いていたことも多分なにかの糧にはなっている。

現職では自己評価を書く期間だった。
こんなにまともな会社で、まともに評価対象になることが初めてなので、何もわからないまま書いた。評価者の人には謝っておいた(訳がわからないと思うので)。
いつも謎のミスを抱えていて、それに怯えている。
暴かれるのが怖くていつも恐ろしい。シュレーディンガーのミス。

どこにも行けないまま社会人の何年めだろう、春が始まっている。

困ってる人がいたら分けてあげなさい

生理の貧困に関するニュースを読んだ。

8.1%が「生理用品購入に苦労」 「生理の貧困」国が初の実態調査 | 毎日新聞

生理がきた時のことをあまり覚えていない。
人より少し遅かった気がする。でも来た時は祖母が赤飯を炊いて、私は赤飯好きではなかったので父が美味しそうに食べていた気がする。

ランドセルの中に持ち歩くものが増えた。
テレホンカード、もしもの時のお金(大抵近くの店で使ってしまって怒られるのだが)、そして生理用品。

近所のおばさんが趣味で作ったという、いちご柄の巾着には生理用品がいつも多めに入っていた。
「なんか困ってる子がいたらあげなさい」と母が言う。
人によって時期が違うからなっちゃった子がいたらあげなさい、と。
それを人にあげたかどうかは覚えていないけど、学生時代には誰かに生理用品を分けるというシチュエーションが少なからずあった。

高校の頃、保健室から一番遠い区画に教室があった。
母と同じ発想だったのか、当時の同級生が「トイレにナプキン置いたから使っていいよ」と言っていたのを思い出す。
私はそれにお世話になることはなかったが、もしかしたら感謝していた人がいたかもしれない。

そんな感じのゆるい善意があって、見過ごされてきたことが多いのかもしれない。私も余裕がなくなってきたら生理用品やらピルやらにお金なんて割けなくなると思う。
個人差も多いし、人によっては指名のメーカーもある(かぶれるとかなんとかで)。

給水ショーツとかシンクロフィットが私のティーンエイジャーの頃やもっと若い頃にあったら何か変わっただろうか。
進んだり進まなかったりしてるよなあと思う。