ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

私と転職(二度目)

転職をしました(三年ぶりぐらい二度目)

世の中には二通りの人間がいて「すぐ転職できる人間」と「なかなか転職できない人間」に分かれているんですが、私はまぎれもなく後者なので本当に長かった。四ヶ月ぐらいかかったみたいだ(手帳を見た)。
9月1日からnew弊社になった。
ほぼリファラル採用じゃん、みたいな話とか、面接で即決したとか、内定が数個出たから迷いました、という話はこの先出てこない。かなりダメな転職記録になると思う。

使った/見ていたサイトなど
自分で会いに行く系

wantedlyでスカウトをもらったりGreenで「気になる」がマッチングしたりした会社に訪問するタイプ。
久しぶりの転職活動だったので、とにかく人事担当者と話す場としては最高だった。あと会社によって本当に色々あるんだな、と思った。
次に使うとしたら、多分会社が抱えている課題とかを聞くと思う。自分がそれに対してどう動けるか、とかを聞いてから動けばよかったかな、と今は思っています。

エージェント系

@type→リクルートキャリア→ギークリーの順番で頼りました。
甘やかしてほしいならギークリー、普通の対応ならリクルートでいいのではないかと思う。職務経歴書の添削はすごく役立ったけど、それ以外は特に。
(某_通信系の会社を進められたときはびっくりした。いや入ったらいい会社なのかもしれないが…怖くて面接も辞退してしまった)
エージェント2社をメインで使って転職活動をしたけども、とにかく面接の入れ方がエグい。私のようにエージェント慣れしてない人はのまれないようにしてほしい(のまれないと思うけど…)。

入りたい会社の採用ページ

ここで書類通って小躍りしたのであった。(落ちたけど)
熱意とちゃんとできてる職務経歴書で書類選考は通るんだな、と思えてよかった。

その後

結局書類は(エージェントに機械的に出してもらったものも含めると)40社は出したんじゃないかと思う。
面接に行ったのは17社ぐらい?結構行ったな…。カレンダーを見てびっくりした。今の会社に決めたのは、今の会社しか受からなかったという悲しい理由もあるのだけど、その他立地の面と、面接担当者の「ぜひ来てほしい」という言葉だった。
思えばその会社の面接はすごくよく話せたし、業務についてもまあまあイメージできた。ふたつのポジションで見ている、という話を受けた。

その会社でなんとなく働いている。三ヶ月の試用期間のち、私はどうするんだろう。
BAILAを読んでいたら「30歳を過ぎてからの転職」という連載ページがあった。28歳で転職のち、31歳でもう一度転職、という女性の方が載っていた。いやあ、そういうのいいな。面接で「ぜひこのポジションに」なんて言われてみたい。言われる自分になりたいですね。

次の三ヶ月はこの先の自分を考える三ヶ月にしよう。うん、きっと。
そのようなことを考えている。(どうなるかなあ)

いま見たら「転職→天職ガール」みたいな名前の連載だった。これバックナンバー読みたいなあ。どうにか。

相変わらず別件もやっています。

ターミナル駅の勤務になった。今まで止まらなかった急行が止まるというのは移動に便利。家からも近くなった。煩雑な乗り換えが減った。その代わりに薬局がなくなった。(たぶん近くにはあるんだろうけど、まだ見つけられない。おかげで今週ずっとメラノCCの化粧水を買い逃している)
お昼ご飯を食べたあとの猛烈な睡魔。前職はなかった(たぶん仕事をしてないから)。前々職はあった(たぶん仕事をしていたから)。単純に炭水化物の食べ過ぎだと思うので会社に来る大変美味しそうなお弁当に目を瞑り、近くのパン屋でおしゃれなサンドイッチを買ってから出勤することにしている。昨日食べた鯖のサンドイッチがやたら美味しかったな。

別件について。また滞っている。週末作業が出来ると思う。この一週間は、帰宅するだけで精一杯だった。
昨晩は持ち歩かないと決めて家でだけ読んでいる朝吹真理子の「TIMELESS」を少し読んだ。わたしはあまり明確な物語を読まないから、久しぶりにこういう文章に触れた。しかし文中に出てきた「カルヴェン」、靴は常にレペットだというその女性のまとうカルヴェンは、デザイナーが一体誰なんだろう。わたしは、やっぱり一番最初の…ギョーム・アンリって名前をそれで覚えたはずの…、そう、ギョーム・アンリが良かったと思う。それともカルヴェンならなんでもいいのかな?それが気になってしまったから、もう少し読んで区切りがいいところで本を閉じた。
引き続き「インターネットの次に来るもの」も読んでいるつもりだけど、どうしても手が「優雅な読書が最高の復讐である」のほうに伸びてしまう。なので最近は気が向いたら前者を持って行くけど、基本的には後者が鞄の中に入っている。

ぼやっと本を読む時間がいま足りない気がする。夢を見た。なんか内PのDVDとか本を見ていた。内P、青春の象徴。見ていたのは月曜日時代だから(最終的にすべての放送分を手に入れたけど)、火曜日は前の晩の内Pの話で盛り上がるのが常だった。それで火曜日はぷっすま、水曜日はマシューTV、木曜日は銭金…と、あの頃学生でよかったな。もっと言うと大学生ならよかったけど。

そうそう、夢だ。夢の中で内Pの本やらDVDやらを手に取って、見ようか見るまいか迷っていた。見といてよ。「ピーナッツ」の、プロトタイプ版の記事が載っていた。ユニフォームが水色。内村さんは悪い顔をしていた。

突発的にミートボールスパゲティ作りたくなって作ってうまいうまいした。

なんでもかんでも悪い方向に考えてしまう時期になってしまった。薬をずっと飲んでいてもこれなので、飲んでいなかった頃を思い出すとゾッとする。ラジオから日に数回流れる「若者のすべて」について、職場の人が「ありがたみがなくなる」と言っていてよかった。「Dolphin Song」と交互にかけてほしい。あ、わがままを言うなら「ENDLESS SUMMER NUDE」も。

不安を解消しようとしているのか、本をいま乱読している。読書家というものではない。

女と仕事 「仕事文脈」セレクション (SERIES3/4 3)

女と仕事 「仕事文脈」セレクション (SERIES3/4 3)

なんとなく目について読んだのだけど働くことについて、すこしだけ楽に考えられるようになった。まあどうにかなるというか、なるようにしかならないという諦めなのかもしれないけど。

高山都の美 食 姿 2 「日々のコツコツ」続いてます。

高山都の美 食 姿 2 「日々のコツコツ」続いてます。

相変わらず美味しそうなご飯作るんだよなこの人…と思いながら見ている。もっと走る話についてあればもっとよかった。

富士日記〈上〉 (中公文庫)

富士日記〈上〉 (中公文庫)

ちまちま読んでいる。

もっとなにか色々読んで色々見て、なにか考えていきたいんだけど、自分が空っぽだからそこまで響かないのかもしれない。

昨晩恋人に「建築の人はどうして本を出すのか」ということを聞いた。そこから話が展開されて、私が読もうと考えいた本が磯崎新の本で、まさに「建築と哲学を結びつけた」ような世代の一人だよと言われた。なるほど。建築のアウトプットは作品である場合もあれば、言葉という場合もある、じゃあなんでこういうものを建てよう/作ろうと思ったのかというのは必ず言葉になる、言葉で説明できる必要がある…。
もっとなにか話をしたけどそれはノートに書いておく。
また冬になったら「雪あかり日記 すずしろ日記」を読むでしょう。建築やる人というのは不思議だ。私の完全に理解できない世界の話。

なんかどうにもならない不安を持て余してて、それが自分で不愉快なのがわかるんだけど、それを解消するすべがない。買い物も今特にときめきがない、と思ってたけどmoussyでデニム一本買って、マルイで普段履きの黒パンプスを買った。マルイのはもし足に合ったらもう一足買ってもいいな。オフィスカジュアルってなんでしょうね。

とにかく何かを読む/書く、ということに知性が宿っているような気がする、私が好きな人達はよく本を読んでいる。

birdsong

#nowplaying birdsong / Enrico Rava, Stefano Bollani, Paul Motian

例年よりすこし長い夏が終わって、母がテレビを見ていた。苦手な系統のテレビ番組だったので替えて欲しいと頼むけど、応じてくれなかったのでそのまま見る。仕事がやたら出来る女性の話。わざわざ"独身"と付ける意図がわからなくてイライラする。新人アナウンサー奮闘記みたいな映像。ここでもわたしはなんだかイライラする。
昔からそういう、才能に裏打ちされた努力のさまを見せつけられるのがめちゃくちゃ嫌だった。自分がなにも持ってない上に努力もしていないことをガツーンと見せられるようだからだと思う。

朝に生年月日を入れて動物占いをやった。コアラだった。およそコアラではないイラストが添えられていたし、あまり当たっているようには思わなかったけど、「一人でぼんやりする時間が必要」とだけあるのを見て、最近そういえばそういうことしてないな、と思った。
昔はよくやっていた。
昼間、下北沢や新宿で適当なご飯を食べて、何を書くでもなくPCや手帳を広げていると、その白紙になにかが降ってくるような気がした。

そういう時間をわざわざ作ろうと思って、一日お休みを取ることにした。

あと二回勝つとふたつめの校歌を歌えたかもしれない母校は、昨日負けてしまった。よく戦ったと思う、あの球場の雰囲気の中で。
母と昨晩は応援歌をすこし歌った。「チャンテって言うの、もし来年も神宮まで行けるなら、あれ完璧に歌いたい」と言う。

最近はいつももがいている。どうもうまくいかない。うまくいったと思ったらいってない。でもプロ野球で投げているピッチャーだってそうなのでは?と思いながらずっと書いている。
プロ野球高校野球、わたしよりも年下の子たちが勝負の世界で死ぬほど頑張っている。調子のいい時もあれば悪い時もある。そういう確固たる現実がわたしを、どうにか前に向かせてくれている。

ネットに踊らされて買った化粧品など


先日またインターネットを見てキールズのマスクを買いました。

「踊らされて」というとちょっと印象が悪いかもしれないけれど、踊る阿呆に見る阿呆、なら踊らにゃ損、ということかなあ。ミーハーであることは阿呆に見えるかもしれない。でもその真っ只中は、なんだかとっても楽しいので…。

  • キールズ スキンチャージマスク

先日仲間入りしたもの。さっそく使ってみたけど、ミント?のスースー感が大変強いので、肌が弱い人はこれだけでやられてしまいそうなぐらい。頬のざらつきは一掃されるわ、鼻の角栓も飛び出していたものがなくなっているわで流石に刺激に見合った働きをしてくれている…。ただ、本当にミントのスースー感が強い。テスター必須だと思います。

  • 蜂乳クリーム石鹸

蜂乳  クリーム石鹸(大)    200CC

蜂乳 クリーム石鹸(大) 200CC

紹介されていたツイートでは「クレンジング代わりに」となっていて、私もそのつもりで買ったのだけど、肌に合っていなくて残念。でもボディソープとして、本来の用途で使うにはあまりにも優秀。これ、近所のドラッグストアにあったらたくさん買っちゃうんだけどな。

  • DUO クレンジングバーム

@cosmeやインターネット(主に楽天twitter)で絶賛しか見ないので敬意を込めて「ステマバーム」と呼んでいます。使い心地も値段帯も至って普通。合う人にはかなり合うんだろうな、と思います。

  • ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

もはや定番になりましたが、これを知ったきっかけは2chの化粧板。買ってよかったスレで見たのかな…。踊らされてよかった。これを塗りたくる→湯船に浸かりながら軽くマッサージ、でマスカラも落ちます。

  • メディヒール シートマスク ティーツリー

こちらはtwitterで見かけたうつくしい方が絶賛していたので。1枚300円って私のなかでは高級パックの部類だけど、なるほど確かに使い勝手がいい。刺激がない上に肌がぷるぷるになる(マスクしてるから当たり前)。このマスクの形(目元などはフィットするけど、頬を引き上げるようなもの)は、全マスクが真似してくれたらいいのにな。

  • エクセル デュアルアイシャドウ(ピンクミラージュ)

恋コスメスレのものは一通り買いましたが、やはりこれ。
一重まぶたにはこのピンクは鬼門だったけれど、下瞼に薄く入れてゴールドでぼかす、という使い方は自分の化粧には合っていた。

  • YSL ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ヴィニルクリーム 407

一時期これだけ欠品になっていたはず。
407番、407番…と唱えながらカウンターに行った方、私以外にも相当居たのではと思います。はたしてその使い心地は、ティントではないのに食事をしても汚く落ちない上に色が暗くて上品、というとても良くできたリップだったのでした。

  • Dior アディクトラッカープランプ 347

こちらもtwitterでバズっていたのを見て買いました。イエベ春向け、なんて書かれてしまったら買ってしまう。
肝心の使い勝手は、夏向きのはっきりした朱色がかったオレンジに発色するのでとてもよろしい。
もっとみずみずしかったら言うことないんだけど、それはグロスとかでどうにかしろ、ということかな。

ある冬にバズったのを見て買いに行った色。深いローズピンク、という感じなので冬向きのいい色でした。
マニキュアは手の肌色に合わないと致命的にダサく見えるけど、これは大丈夫だった。

  • PLAYLIST スプレードライヤー

PLT スプレードライヤー

PLT スプレードライヤー

髪がサラサラになるというtwitterを見てなんとなく買ってしまった。夏は日焼け止め+汗のダブルパンチでベタベタになるので、それが少しでも軽減されるといいな。で、朝シャワー浴びた日があったのでそのあと使ってみたんですがサラッサラになる、すごい。髪が広がったりうねったりするのが抑制されている感じ。資生堂の謎のテクノロジーは一体全体なんなんだろう?

インターネットでプレゼン(?)されている化粧品はその熱量がすごいので買ってしまうことが多い。もっともっとダイマされたいし、もっとダイマしてほしい。だって私の観測範囲にない化粧品ばかりだから。
キールズなんて初めて入ったし、ワタシプラスもひっさしぶりに使ったよ。

夏の日、オレンジ色の地下鉄

もはやごちゃごちゃになってしまった私の記憶。あの頃の地下鉄の駅員さんの制服って緑色を煮詰めたような色してたんだっけ。先日の「クローズアップ現代」を、母と二人でじっと見た。日比谷線と思われる、まあまあ広い駅が写り、母と「これどこの駅だろう」「築地じゃなさそうだな」という話をして、そういえば一番被害が大きかったのはどこだっけ、とリビングにいる父を二人で振り返ると、父は寝ていた。
それで母がふと「そもそもなにこれ」と言うので「クローズアップ現代」と返すと「いや、なんでそんなの見てんの…」とチャンネルを報道ステーションに変えた。

夏の日に駅前までの道を歩くと、大体祖母に手を引かれた記憶が蘇る。繰り返しこうして思い出して眺めてしまったから、本当と編集がごちゃまぜになってしまったけど。祖母はいつも白い日傘をさしていた。それで二人でオレンジ色の地下鉄に乗って、母が入院しているところまで行っていた。私は当時幼稚園に行っていたので、帰ってきたら着替えて祖母と二人で都会の病院まで行っていたんだと思う。あとから「となりのトトロ」を見た時に、あれ、こういうことを私もやっていた、とぼんやり思ったものだった。
オレンジ色の地下鉄に揺られた先には、さらにカラフルな行き先表示が床に敷いてあった。そこで祖母と二人で病室に行く、ところまでは思い出せない。いま思い出せるのは年をとって、父が酔ったはずみでタクシーのドアに足を挟み骨折して入院した病室か、祖母が目の病気を患って入院した病室のどちらかだ。オレンジ色の地下鉄に乗り、カラフルな行き先表示の先には、もう未来の私がこちらを見ている。

イエベ春なのにブルベっぽい色ばっかり買ってた2018年上半期ベストコスメ

ベストコスメ、twitterの方に書いたのだけど、
やっぱりブログの方にも書き残しておきたい。

左上から。

  • インテグレート 水ジェリークラッシュ

多分みんな挙げてると思う。
これを使う前までアルビオンのスマートスキンホワイトレア使ってたので、それとの比較になるけれど、
ごく普通に軽くてよろしい。つけるときに冷たいのも好きだ。
パフの洗い替えを用意するのが面倒、というぐらい。

マジョマジョの単色久しぶりに新色出てて祭りになっていた気がする。
イエベ春にはこれがおすすめ!といたるところで見たので買ったのだけど、
これは良いものだと思う。ピンミラのベージュ部分みたいなイメージ。

これもイエベ春向けと見たので買った。
昔レイトスプリングを縦割りグラデみたいにして使っていたんだけど、
そのイメージで使った後にゴージャス姉妹を黒目上につけると
なんとなく立体感が出て軽い目元になるので良いと思う。

  • THREE シマリンググローデュオ

チーク(なのか?)とハイライトが一緒になった便利セット。
粉物じゃないので鏡が全く汚れず、持ち歩き用にすごく便利。
ハイライトを入れるとのっぺりした自分の顔が活き活きする気がするので、
最近はずっとかかせない存在。

これいつ買ったんだっけ…。限定だったはず。クリア(うす〜い茶色)の中に金ラメ。
眉毛をこれでなんとなく立ち上がらせている。
あるとないとでは雰囲気が微妙に違うぐらいだけど、それが大事かなとも…。

  • エテュセ ラッシュバージョンアップ

限定だったのか?赤色を使用。カール力のほどはわからないけど、
赤を塗った後に黒を塗ると、光に透けた時に目元が赤くなるのがいいかなと思った(おもった)。

一重まぶたなのでそこまでアイラインに意味はないと思うけど、
マスカラなどつけた後にこれでまつげの根本を埋めておくと、
なんとなく存在感を足してくれる…気がする。
もともとはtwitterでバズっていたのを見て買ったけど、
これは良い買い物だった。肉色なので下瞼を囲んでもそこまで気にならない。

ごく普通に便利。粉飛びしづらくなった気がする。

確かこれは347番。ティントとは言ってもきちんと色が落ちるところが好印象。
twitterで盛り上がっていたので買ったけど、塗った直後は乳白色みたいなオレンジに
なるのが急いでいるときはちょっと難点。
色が落ち着くと朱色っぽい色になる。

フレッシュとファタールの二色。
最初にファタールを買ったんだけど、最近はフレッシュばっかり使ってるな…。
(どっちもブルベ向きの色味だとは思う)
ファタールは真ん中にだけ塗って、リップブラシでのばしてぼかす感じ。
フレッシュは普通に縁取りして直塗り。フレッシュが落ち着いた色味でかわいい。

  • Dr. ハウシュカ リップケアスティック

塗ると唇が若干黄色くなるような気がする(分厚く塗りすぎ説がある)。
けどいい匂いだし、最近はこればっかり使っている。

上が旧版、下がリニューアル版。
115mlから101mlになったので微妙に容量が減っている…。
でもこれより使い心地のいいボディ用日焼け止めをあまり知らないので、いいかな。
薄い薔薇の匂いは不愉快ではないし、デザインかわいいし、
日焼け止めにありがちな「手のひらがキシキシする気持ち悪い感じ」がないので、
私でも普通に使えるありがたい日焼け止め。
昨日初めてリニューアル版使ってみたけど、
旧版よりさらになめらかに、さらに乳液っぽくなっているので、
私みたいに日焼け止めのきしみが苦手な人は使ってみて欲しい。

  • ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

ここはド定番。これ塗りたくって湯船に入ったあとに化粧を落とす。

  • ビオレ おうちdeエステ なめらか

ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか

ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか

これはtwitterでバズってたから買った(ミーハー)。
suisaiの粉洗顔は面倒だけど、ちょっと頬の毛穴とか気になるな…ってときに使う。
体に使ってもつるつるになった。

  • 蜂乳クリーム石鹸

蜂乳  クリーム石鹸(大)    200CC

蜂乳 クリーム石鹸(大) 200CC

これもtwitterで(以下略)。
結局きれいな人の美容情報を参考にするしかないんですよね。
で、amazonでしか見かけないこのクリーム石鹸だけど、
私の濃くもないが薄くもない化粧(おもにアイメイク)がすっきり落ちたので、
こういうクレンジング?洗顔?でいいじゃん、と思いました。

そういう感じです。

お題「#2018年上半期ベストコスメ」