ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

始まりが遅いの

backside.jp

まだ読んでないんだけど、へえ、と思ったのだった。
私が知っている、こういう世界の話だとやっぱり幼い内からスノーボードをはじめて、
それからずっとプロの世界に身をおいている、みたいなパターンがあるから、
20歳から始めました、というのは珍しい話だと思った。

翻って、私には幼少期から続けていることが一つもない。

絵を描くことは、数年前に辞めてしまった。
たぶん、辞めてしまったと言っていいと思う。
あれほど使っていたリキテックスジェッソも、小さいキャンバスも、
全部捨ててしまった。下手くそだから、1枚か2枚書くたびに
面相筆が死んでしまうんだけど、それももう手元にない。
こんなはずじゃなかったような気もする。
でも、絵をずっと描いている人はそれが己の喜びだから描くんだろうな、
とはっきりわかったときに、私はそちら側の人間ではないな、と思った。
私は誰かに褒められたい気持ちのほうが上回っていた。
もちろん、自分で見たことのないもの、好きなものを描きたいから
描いているのだと思っていたし、そうだったのだけど、
誰にも反応がもらえないな、と自覚してしまったときにもうだめだと思った。
絵を描くことを無くしてから、20年以上続けている趣味はなくなってしまった。

最近は、恋人とずっとスノーボードの話をしている。
今日も少しイメージトレーニングをしてもらった。
そのせいか、ちょっとだけ関係性がずれている気もするけど、
いずれすぐに元通りになると思う。

テレビからは原摩利彦さんのドキュメンタリーが流れている。
そうか、そういえば今日はICCで教授と高谷史郎のライブがあったんだ。
チケットの争奪戦に破れたから、なんとなく情報を入れないようにしていた。
こういう自分の卑しさってどうしたら治るんだろう。

いつもよくわからないな。
今は、というかここ最近はずっともやもやしている。
自分がどういう風になりたいのか?みたいなものも、見失ってしまって、
ひとり、茫洋とした「どこか」をさまよい歩いているような気がする。

愛はいろいろだよ

土曜日は水族館、日曜日はお誕生日ランチ、とたいへん楽しくお祝いしてもらった。日曜日のランチはすごく贅沢だ。私は去年と同じヨーコチャンのワンピースを着た。向こうは、いつもは割と中性的な服装をするのに、この日はまあまあ男性に寄せたふうにするのが珍しかった。
下手くそな写真を何枚か撮った。

27歳になってしまった。
自分でよくわかってないのだけど、完璧にアラサーの仲間入りだ。人生すごろくみたいなものがあるとして、私はまだまだ最初の方でだらだら過ごしているような気がする。この一年どうだった?とランチを食べながら話した。
楽しい一年だった、次の一年はもっと文章を書く一年にしたいね、と私は言った。もっと文章を書きたいね。それが誰かの目に触れて、楽しませるものならいいね。

スノーボードをやったでしょう。不慣れなままだけど英語も勉強しているでしょう。パーソナルカラー診断もしたでしょう。それから、人生で初めて心療内科にもかかったでしょう。色んなことが私を待っている。まだ開いてない扉があって、それを開け切ることは多分出来ないけど、扉の向こうから手招きしていたり、扉を一緒に開けてくれたりする。誰かが。
またスノーボードのシーズンが始まって、今年こそは中級者を名乗りたいけど、どうなるんだろう。

次の一年はどういう年なんだろう。

素性

昨晩は謎の貝焼き屋さんが少し安いコースを提供する日だったので、誘ってもらって行ってきた。忘れがちだけどここは会員制だったので、私はいつも恋人の付属品として行くことになっている。


蟹、わたしはあまり惹かれなかったけど美味しかった。


これを待ってた、蒸し牡蠣。
日本酒飲みながらこれでもういいかなという感じ。
そのあとおでんが出てきたりしたけど、牛肉と貝とトマトだけ、みたいなソースで和えたパスタがひたすら美味しかった。

たぶんIQ下がったと思う。
なにか具を噛みしめるたびに旨味みたいな味がした。

謎の貝焼き屋さんなので来ている人たちも謎で、この日カウンターにいたのは謎のおじさん(という歳でもないけど、、、)と謎のおじさん+女性2名、だった。
なにかの弾みで真名披露会みたいになり、おじさんが帰るというのでおじさん同士が名刺交換してたのだけど、ええっ!みたいな驚いた声が上がり、なんだかそのあとその人の肩書きと会話してたような印象を受けた。
その後恋人も真名当てみたいなことをされていて勘弁してよ、みたいなことを言ってたのだけど、まあ酒の席なんだしあんまり人の名刺と飲んでもなあ、と思った。名前ぐらいならいいけど、とフルネームを教えようものなら多分Facebookとかで検索されるんだろうな。
私は付属品なので特に名乗りもしないし聞かれもしなかった。

数年前、ある飲み屋(バー)で隣り合った人に進路相談みたいなことをしたことがある。
たぶん出版とか広告系なんだろうな、と思ったけど特に真名みたいなことを聞かなかった。聞けない雰囲気だったし、聞かなくても十分よい話が聞けたから、その場はその場でおしまい。
また次、そこで会ったらいいよね、という感じだった。結局私があまりそこへ行かなくなってしまったからもう会わなくなってしまったけど、そういう付き合い方でいいよね?

まあ色々大変なんだろう、名前出して生活してると。
ふつうに帰宅してよい夜だったと思った。

黒について

黒い服が好きだから、と山本耀司に惹かれている女の子を見て不思議に思っていたら夜が真夜中になっていた。

山本耀司、母がずっと追いかけているから隣人という扱いである。

「あたしはさ、ギャルソンにも、あたしと一緒に大人になってほしかったの」と母はエスカレーターを降りながら言った。そうね、ほんとにその通りだね。だから母の選択肢は山本耀司で、Y'sで、noirになるのだった。(本ラインはとてもじゃないけど着られないと言っていた)
「自分だけ若ぶっちゃってさ」と母はPLAYを見ながらつぶやいた。
主義・主張の理由でリミフゥにはいかなかった。山本耀司であるべきなんだと思う。最近お任せしている美容師の方もその辺りの服が好きだけど「そうですね、自分もヨウジがよくて、リミではない気がします」というようなことを仰っていた気がする。

そこでコムデギャルソンではなくて山本耀司なのが不思議だったのだ。
確かにギャルソンよりはヨウジのほうがシンプルで真っ黒で着やすいのかな。
私は詳しくないから分からないけど、アンドゥムルメステールとか、そういうのも黒の選択肢に入っていくんだろうか。ギャルソン出身者のブランドとか…。

私は最近黒の気分ではないから、己に似合う黒を追求しようという気分は薄い。欲しい黒はリトルブラックドレスというやつだし、いまは白のアウターが欲しい。

週末

とにかく安全ちゃんのミートソースを作ってみたくて近くのスーパーで材料を揃えて(エルブドプロヴァンスだけ諦めた。そんなの近所にはない)、それを作るためだけの金曜だった。
途中で会社の用事が発生して、そのためだけに10分程度会社に寄った以外は概ねいいお休みだった。
安全ちゃんのレシピは初めて作ったんだけど、塩コショウを入れるタイミングがよく分からなくて困った。煮込みながら味を見て入れたけど、最終的にケチャップをおたまに軽く入れることで味がまとまったので、ケチャップは偉大。
牛肉を叩いてひき肉みたいにする、みたいなことも初めてやったけど、食べ応えがあって良かった。

そのあと2人で赤ワイン一本開けたせいか2時間ぐらい床で寝てしまって大変だった。

土曜日は朝から市場へ行ってうにとまぐろとワサビを仕入れた。

昼に食べたフォーが2人とも胃にもたれてしまって夕方ごろは大変だったけど、なんとかなった。うにとまぐろ丼はたまに恋人と食べているけど、贅沢すぎて人間の言語野を殺しにくる味がして良い。
無言でごはんをひたすら食べていた。

おろしたてのわさびを食べる、というのも初めての経験だったんだけど最高でした。
こんなに美味しくなるんだなあ。わさびのいい匂いにうに、まぐろ、シソ、みたいな暴力。


孤独のグルメだっけ、あれで食べてた「わさび丼」みたいなのも、これがあれば家で作れるのかな。今度やってみたい。

開けた白ワインはごはんには合わなくて、明日飲みましょうとなった。日本酒を飲んだ。

日曜日は久しぶりに走った。
スローペースで走ったけど、まあ2人とも走るのに慣れたのかな、という感じ。去年の体育の日からなんとなく走りはじめてるので、一年になるんだけど、10kmを休み休みでも走れるようになったのは凄いな、と改めて。運動嫌いだったんだけどなあ。
週末はスノーボードの板もきたのでそれにビンディングつけてもらったり、つけたりしていた。で、バラクラバを買った(手持ちがなかったので恋人に借金をした)。バラクラバ使う女子があまりいないせい?なのか、女性用がなくて男性用のシュッとしたものを買った。絶対楽だと思う。

お昼はアンチョビとキャベツのペペロンチーノ。久しぶりに作ったら味の決め手がなくて、醤油を少し垂らしながら食べた。もろにおつまみの味。

ここまで打って朝の通勤電車では飽きたらしい。右目がいきなり痛痒くなって、左目は全然なんともない。慢性的に疲れてるみたいで、誰かを貶めたい気分になる。さっきもFacebookで攻撃的な投稿しようとして三回やめた。
早めに寝たほうがよさそう。でもこんな時間に湯船に入ってるよ、だめだな。

最近の日用品化粧品雑貨など

なんか最近もまあまあ買い物をして、
まあまあ失敗したりしていた。

メリットピュアン

メリット ピュアン ナチュラル&スロー シャンプー ポンプ

メリット ピュアン ナチュラル&スロー シャンプー ポンプ

髪がごっそり抜けまくったので怖くなり使用をやめた。
なんの天罰なんだ。

ミルキースキンリメイカー

マジョリカ マジョルカ ミルキースキンリメイカー ライトベージュ 10g

マジョリカ マジョルカ ミルキースキンリメイカー ライトベージュ 10g

ポルジョの下地とファンデーションを使っていると肌が痒くなってしまうという状態になったので、
アルビオンのスマートスキンベリーレアを買う前にこれを試してみようと思って購入。
普通に使い心地は良いと思うけど、いかんせん付けるのが難しい。
みんな、どうやって付けているんだろう。

uka windy lady

ウカヘアオイル ウィンディーレディ

ウカヘアオイル ウィンディーレディ

メリットピュアンでギッシギシになった髪を救うべく買ったもの。
さらっさらになるし、まとまるし、使い終わったらもう一本欲しい。

DUO クレンジングバーム

DUO ザ クレンジングバーム

DUO ザ クレンジングバーム

ステマのかたまりみたいな商品だな〜と思いながら購入(かくいう私も某モデルさんが勧めてたから買ったのだ)。
愚か過ぎる。で、肝心の使い心地は「フ~ン」という感じだった。
クレンジングバーム自体はじめて使ったのだけど、スパチュラで削り取って顔に伸ばすと、
クリームみたいになるのは面白い。でもこれクレンジングバーム全般的にそうなんだろうな。
毛穴がきれいに〜みたいなのはあまり分からなかった。
ただクレンジングバームという商品の面白さに気づいたので、次はRMKとかクリニークあたりのものを買ってみたい。

メルヴィータ ボディオイル

なんでスプレータイプにしたんだろう。

フィッティ マスク

今しがた買った。眼鏡曇らないとか言って曇りまくるので、素直に密着ガードプロを買えばよかった。

キャンメイク アイシャドウ

この色じゃなくて06とかかな?コーラルが入ったパレット。
舐めてました、普通によかった。
イエベ春と診断されたのでコーラルでも使うか…と思いスックやヴィセアヴァンと散々迷ってこれを買って帰った。
とはいえコーラル以外ほぼ使ってなくて、アイグロウジェムで適当にグラデーション作ったのちその上からコーラルを塗る、みたいな使い方をしています。

様子

一ヶ月ぐらいブログやめていた。
明確にやめようって思ってやめてたわけじゃなくて、特定のトピックを書こうと思ってたものがダラダラ中断されてここまで来てしまった。

週末はお寿司を食べた。仕事関係の、 別件の、どう括ればいいのか分からないけど、三人で寿司を結構な量食べた。日本酒もまあまあ飲んだ。
その中で「前よりはすこしましになったように見える」みたいなことを言われて、確かに、と思った。心療内科は相変わらず定期的に行ってるけど、一番最初に行こうと決意した時よりはたぶんマシな精神状態だと思う。
とはいえ、仕事は変わらず不得意なままで、月曜日が来なければいいと強く願っている。最近は以前なら休んでいただろう体調不良でも出社しているので、偉いと思う。

私は人が喜ぶ顔が好きだし、みんな言わないだけで人を喜ばせたいんじゃないかと思う。
おのれの仕事の結果、誰かが喜んでくれたり役に立ってくれるならめちゃくちゃ嬉しい。それが見ず知らずの人間であれチームの人間であれ、誰かに喜んで欲しい。その一心で仕事をやっている時がある。
擦り切れそうな前職の「嬉しい瞬間」をたまに延々リピートして見ている。記憶の中で磨耗した画は現実よりも美しいんだけど、私以外に私の記憶を見る人間は居ないので気にしない。
面談で私を評価してくれたこと、なにげないチャットの会話、だいたい全部覚えてる。いつもありがとうって付箋貼ってくれた人もありがとう。思い出す度により一層現実から剥離したなと思うけど、記憶はそのようにして使おうと思う。
現職もそういうのがあるかしら、たぶんあるのだ。私が記憶できてないか、あまりにもつらい時機にそれらを捨てちゃったか。辞めたら美化されるでしょう。

最近お金がないと言いすぎてるからお金がなくなっている気がする。この辺りの言霊信仰みたいなのはアファメーションなる単語を知る前からぼんやりあって、だから安易に死ねとかはあまり現実で口にしないように…している、つもりではある。たくさん言ってる気もする。

初対面の人に会う機会が多くて、その中の流れで骨格診断とパーソナルカラー診断と占いをしてもらった。
骨格ストレート、イエベ春だそうだ。
占いの結果は現状維持で頑張れ/相談役がいるとよい/情熱がありそれが実る兆しもある/海外や遠いところに目を向けよ、とのことだった。
イエベ春ねえ、と思ったけど澄んだ明るい色がいいとのこと、早速キャンメイクでアイシャドウ買ったよ。
本命はsuqquのコフレだけど、予約できるのだろうか。

スノーボードの季節が近づいてくる。今年も恋人に教わりながら少しずつ滑れるようになればいい。はやく道具が来るといい。

「わたしは毎日少しずつ良くなっている。」
そういう信仰をしないとやっていられない。