ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

いろんな虚無

ずっと風邪をひいていて(インフルエンザではない)、喉が痛かったり咳が出たり鼻水が出たりとフルコースみたいなことになっている。加えて、胃のむかつきがすごかった時に回復体位を取ろうと思い痛めてる左肩を下にしたところまた痛くなって来てしまい、次は整形外科かあ…と思っている。
昨年キャンセルしたまま行けてない心療内科も行きたいし、熱が出てキャンセルした歯医者も行かなくてはいけない。もう一個、定期的に予約を入れないといけないものがあって、昨晩電話来ていたのだけど、人に風邪を移すわけにはいかないのでその要請には応えられないのだった。
予約が何より苦手なのに、プライベートでも苦手なことに苛まれている。

仕事は相変わらず大変ダメなままだと思う。
よくわからないけど今朝、出勤中にまた涙が少し出たのでダメだと思う。
スノーボードはまだ初心者だけど、滑っている間はそれ以外のことを考えなくていいから楽である、ということに昨晩湯船の中で気づいた。
どこにいてもべったりと仕事のことを考えていて、最近は別件もあまり力になれておらず心苦しいのでそれもあって、ずっと宿題をやっていないみたいな精神になっている。
いや、やってない仕事があまりにも多いだけなんだけど。そしてそれを片付けられないし、もらった助言も活かせていないので結局のところわたしの怠惰が全てダメなのだと思う。

欲しかったスカートは売り切れてて買えなくて、でも散財すると頭の中で(こんなものを買って/散財して、お前は一体お前の立場を分かっているのか)(親が可哀想だとは思わないのか)という思考になり、よくわからなくなる。
でも買ってしまう。買うのが一番爽快でいい。この間セザンヌの下地買ったけど何がいいのかよくわからなかった。でもSPF入ってるから使っている。2月になったらアルビオンから春夏用のスマートスキンベリーレアが出るらしいのでそれを待っている。
でもそれを買うとたぶんまた自分の中の誰かに苛まれる。なんだろう。お前は誰だ?→やあ僕はスティーヴィーワンダー。みたいな画像twitterで見て大変良かった。「君の名は。」は見ていない。

わたしは堀江敏幸のような文章が書きたいのだけどまったくだな。名前を出すのもおこがましいぐらいだ。
坂本龍一さんが晩年は京都で、と話しているインタビューを読んだ。京都かあ。わたしは「のぼりとのスナフキン」がいいかな。

話題の散らかりようを見ても、わたしはいま元気がないことがわかっていい。
最近は概ねそのようなことを考えて暮らしています。

あれは怒ってもよかったのではないか

久しぶりにお会いした親戚女性(私より10個ほど上)に「彼氏いるの?何年付き合ってるの?結婚は?しないの?でも29歳ぐらいになったら考えるでしょ、29歳になっても焦っちゃだめだよ!」と最高におせっかいなことを言われて静かにブチ切れたけど嫌味の一つも返さなかった私、大変偉い。

昨晩の親戚女性に「40前で子ども産んでる友達も多いし」と言われてまさか「子ども要らないので、、、」と返すわけにもいかなくてヘラヘラしてたんだけど、あれはどう返すのが正解だったんだろう。自分のなかでいま「怒っておけば良かったかしら」という気分になってる

概ねそういう感じで、ずっと考えてしまっている。
親戚女性、全く悪気なくそういうことを訊いてくるのでたちが悪いなと思った。

結婚とか出産とか、かなりデリケートな話題なんだけど、
それでもずけずけと入り込んでくるのが私と10個程度しか違わない女性だった、
っていうのがけっこう衝撃的だった。
特に最近は女性の権利〜とか女性の人生〜とか色々考えられているような気がして、
「結婚とか出産とかしなくてもいいよね?」みたいなものを目にすることが多くて
私はけっこう勇気づけられているのだけど、
いきなり殴られたような気分になった。

私はいま27歳になったばかりだけど、
いきなり結婚の年齢を「29歳」と区切られてしまうのもびっくりしたし、
出産についても、そもそも私は現時点では子どもが欲しいとは思っていないので、
「ここまで他人のこと考えられない人だっけ?」と呆けた顔で「はあ」と返すだけだった。

私もいつかそういうトンチンカンなことを言ってしまう人間になっちゃうんだろうか。
いや、なるまい、というかなってたら教えてください。直したい…。

とりあえず、来年は祖母にも会えないんだったら、
特に実家に帰る理由はないな、と思った事件だった。

「彼氏どんな人?」ぐらいだったらまだ良かったのだけど、
そこでいきなり「結婚は?」「出産は?」って殴られるのはしんどい。

買ってよかった2017近辺とベストコスメっぽいもの

そういえばベストバイ書いてなかったなっていうメモです。

買ってよかった2017近辺
  • uka ヘアオイル

ウカヘアオイル ウィンディーレディ

ウカヘアオイル ウィンディーレディ

最初はrainy walkを買おうと思ってたけど、店員さんにおすすめされたwindy ladyにしました。
いや〜まとまるまとまる。髪サラッサラ。
匂いに好き嫌いがあるだろうけど、それがクリア出来れば最高だと思う。
使ったことのあるヘアオイルはproductのスプレーと杏油だけど、
productのものより容器が使いやすく、杏油よりも軽く仕上がる。
…というところです。

  • 乾燥糸こんにゃく

私が買ったのはzenpastaってものなのでこれではないんだけど、
概ねこういう感じのもの。
夜帰ってきてペペロンチーノ食べたい!でも一応ダイエットしたいし!と思ってたときに、
これとえのきでペペロンチーノ作っても普通に満足することに気づいてしまった。
私の味付けが濃いから、っていうのもあるかもしれないけど、
普通にパスタ代わりに使えて美味しくて最高だった。

www.uniqlo.com
大変暖かくてよかった。もっと早く買っておけばよかった…。
ただしデートとかには向かないと思う。どうしたらいいんだろう。
www.andgirl.jp
私もネイビー買いましたが、こういうふうにはならないのだった…。

  • BYOKA シルバーアクセサリー

BYOKA
確か加藤ジュンコさんのツイートを見て「うわーっこれだー!」と思って買った。
ピンキーリングは早速一個なくしてしまったけど、
価格はお手頃、デザインはかわいい、そしてシルバー。
(いい感じのシルバーアクセサリーを探すとなかなか難しい)
ということで最高だなあと思っています。

  • パラドゥ クレンジングミルク

twitterでさんざんカバーマークジェネリックだ!とか言われてて、
そのカバーマークVOCEの付録で使ったときに合わなかったんだけども
なんてことはない、量の問題だった。
5プッシュぐらいで普通に落ちるし、ダブル洗顔不要だし、
使い心地もなんだかよろしい。
とりあえずなくなってもこれを買うと思う。

化粧品

これが切れると困る・スキンケア編

要は化粧水と乳液なんですが、本当にこれが切れると困る。
切れたときに金欠だったりすると適当なもので凌ぐけど、
アルビオンに戻したときの安心感が違う。
乳液先行なのも私には合っている(が、コスメデコルテのスキンケアは合わなかった)。

  • uka ネイルオイル

匂いはなんでも良いけど、24:45が好きなのでそれかbasicばかり買っている。
ハンドクリーム塗って寝ればいいじゃん、と自分でも思うし実践しているけど、
そんな気力もないとき、ネイルオイルは優しい。

  • john masters organics リップカーム

オーガニックじゃなくなったらしい?ジョンマスターさん。
そろそろ違うものを使いたいと思いつつ、こればかり使ってしまう。
乗り換え先の候補はドクターハウシュカかな…。

これが切れると困る・化粧品編
  • SUQQU モイスチャーリッチリップスティック

各ベストコスメで超話題だったやつ。10番の焦紅を使っています。
イエベ春って判定が出たときに、深い色は微妙みたいな感じだったんだけど、
結局ずっと使っている。なにがいいってその潤い感です。
ADDICTIONのシアーなほうの口紅とかも好きで持ってるけど、
発色というか潤いが全く違う。色付きリップクリームに近いものをこちらには感じる。
皮剥けもあまり悲惨なことにならないし(剥けるけども、、)、
ありとあらゆる人間におすすめしています。
08番も欲しい。

  • オペラ リップティント

これもあらゆる方面で話題だったやつ。
色は06のピンクレッドを持っていますが、コーラルピンクが欲しい。
とにかく使い勝手がいい。シアーだし、SUQQUと似たような印象。
(ただし難しい色、複雑な色はないので、やっぱりそこはSUQQUかなというところ)
世の中のマットリップ流行にはついていかないので、
私は引き続き発色が良くてツヤツヤした口紅情報が気になります。

これもあらゆる方面で去年、一昨年ぐらいから話題だけども。
限定色が2017年に出たんだけどそれもよかった。
ベースコートが要らないっていうのもいいね。すっと塗れる。

スノボ関連

なぜかスノーボード関連のグッズをけっこう買っていて、板やらベースレイヤーやら買ったんだけど、
一番よかったのはバラクラバだった。
store-burton.jp
多分買ったのはこれ。
バラクラバ、日焼けしないのがいいです。女子力?捨ててる。
初心者→初級者になったところなので(先生談)、これからもっと頑張りたい。
まだ自分の板の「トーションがきいてる」とか「板の反発力がある」とかはわからないのだった。

独身女性趣味のつくりおきシリーズ

こんにちは。id:necomimiiです。
今年はid:Csideさんに「どうですか?」ってお声がけされて(お声がけされたことにします)、つくりおきadvent calendarに参加しました。

adventar.org

これは19日の記事です。前日はid:minemuracoffeeさんの
2017年の成長を感じる晩御飯 - #つくりおきでした。

さて、私は独身女性ではあるのですが実家で親のすねをかじって暮らしているため、基本的には自炊をしません。
週末、恋人(スノーボードが好きです)を待ちながら作るご飯、というのが趣味になっています。
毎週作るわけじゃなくて食べに行くことも多いけれど…。


これはなかしましほさんの炊き込みご飯と牛肉とれんこんのきんぴら。
なかしましほさんの炊き込みご飯はレシピだと鍋推奨なんですが、
普通に炊飯器で作っても美味しいのでよかったです。

hokuohkurashi.com
余ったので冷凍保存しました。
恋人が夕飯作るの面倒なときに食べてたみたいで、嬉しそうでした。

二回目以降はベーコンを鶏肉に変えているけど、普通にうまい。
レモン汁+万能ねぎで食べるからさっぱりする。


で、これは牛肉とれんこんのきんぴらの展開。
恋人のお土産のうどん(美味しい)を普通に茹でたあと、
その上に卵の黄身と余ったきんぴらを乗せて食べた。
これが大変美味しかったので、またきんぴらを多めに作ったらやりたい。
こういうのもつくりおきに入るんでしょうか。


これはミートソースを作っている様子です。
ミートソースのレシピは安全ちゃん。
modernfart.jp
味が安定しなかったのでレシピにはないケチャップをいれましたが、
次はエルブ・ド・プロヴァンスを入手して一晩寝かせて食べたい。


まあ普通に当日食べても美味しかったのでよかったです。
余ったミートソースは冷凍しておいて、翌日以降に恋人が美味しくいただきました。
よかったですね。


最後にたまに作ってちまちま食べてる小品。
これはツジメシさんの「トマトの塩昆布あえ」。
tsujimeshi.exblog.jp
夏場はこれをちょっと多めに作っておいて、冷蔵庫で冷しておいて、
スノボの練習から帰ってきた恋人(お腹空かせている)に食べさせていた気がする。

来年はもう少し週末につくりおきしたい。
自分の家で食べるご飯も、恋人の家で食べるご飯も、どっちも大事だ。
鶏ハムとか味玉は美味しいし酒のツマミになるので、
恋人の家にあったら捗りそう。今度作ってみよう。

そんなところです。
明日は senyoltw さんです。よろしくおねがいします。

始まりが遅いの

backside.jp

まだ読んでないんだけど、へえ、と思ったのだった。
私が知っている、こういう世界の話だとやっぱり幼い内からスノーボードをはじめて、
それからずっとプロの世界に身をおいている、みたいなパターンがあるから、
20歳から始めました、というのは珍しい話だと思った。

翻って、私には幼少期から続けていることが一つもない。

絵を描くことは、数年前に辞めてしまった。
たぶん、辞めてしまったと言っていいと思う。
あれほど使っていたリキテックスジェッソも、小さいキャンバスも、
全部捨ててしまった。下手くそだから、1枚か2枚書くたびに
面相筆が死んでしまうんだけど、それももう手元にない。
こんなはずじゃなかったような気もする。
でも、絵をずっと描いている人はそれが己の喜びだから描くんだろうな、
とはっきりわかったときに、私はそちら側の人間ではないな、と思った。
私は誰かに褒められたい気持ちのほうが上回っていた。
もちろん、自分で見たことのないもの、好きなものを描きたいから
描いているのだと思っていたし、そうだったのだけど、
誰にも反応がもらえないな、と自覚してしまったときにもうだめだと思った。
絵を描くことを無くしてから、20年以上続けている趣味はなくなってしまった。

最近は、恋人とずっとスノーボードの話をしている。
今日も少しイメージトレーニングをしてもらった。
そのせいか、ちょっとだけ関係性がずれている気もするけど、
いずれすぐに元通りになると思う。

テレビからは原摩利彦さんのドキュメンタリーが流れている。
そうか、そういえば今日はICCで教授と高谷史郎のライブがあったんだ。
チケットの争奪戦に破れたから、なんとなく情報を入れないようにしていた。
こういう自分の卑しさってどうしたら治るんだろう。

いつもよくわからないな。
今は、というかここ最近はずっともやもやしている。
自分がどういう風になりたいのか?みたいなものも、見失ってしまって、
ひとり、茫洋とした「どこか」をさまよい歩いているような気がする。

愛はいろいろだよ

土曜日は水族館、日曜日はお誕生日ランチ、とたいへん楽しくお祝いしてもらった。日曜日のランチはすごく贅沢だ。私は去年と同じヨーコチャンのワンピースを着た。向こうは、いつもは割と中性的な服装をするのに、この日はまあまあ男性に寄せたふうにするのが珍しかった。
下手くそな写真を何枚か撮った。

27歳になってしまった。
自分でよくわかってないのだけど、完璧にアラサーの仲間入りだ。人生すごろくみたいなものがあるとして、私はまだまだ最初の方でだらだら過ごしているような気がする。この一年どうだった?とランチを食べながら話した。
楽しい一年だった、次の一年はもっと文章を書く一年にしたいね、と私は言った。もっと文章を書きたいね。それが誰かの目に触れて、楽しませるものならいいね。

スノーボードをやったでしょう。不慣れなままだけど英語も勉強しているでしょう。パーソナルカラー診断もしたでしょう。それから、人生で初めて心療内科にもかかったでしょう。色んなことが私を待っている。まだ開いてない扉があって、それを開け切ることは多分出来ないけど、扉の向こうから手招きしていたり、扉を一緒に開けてくれたりする。誰かが。
またスノーボードのシーズンが始まって、今年こそは中級者を名乗りたいけど、どうなるんだろう。

次の一年はどういう年なんだろう。

素性

昨晩は謎の貝焼き屋さんが少し安いコースを提供する日だったので、誘ってもらって行ってきた。忘れがちだけどここは会員制だったので、私はいつも恋人の付属品として行くことになっている。


蟹、わたしはあまり惹かれなかったけど美味しかった。


これを待ってた、蒸し牡蠣。
日本酒飲みながらこれでもういいかなという感じ。
そのあとおでんが出てきたりしたけど、牛肉と貝とトマトだけ、みたいなソースで和えたパスタがひたすら美味しかった。

たぶんIQ下がったと思う。
なにか具を噛みしめるたびに旨味みたいな味がした。

謎の貝焼き屋さんなので来ている人たちも謎で、この日カウンターにいたのは謎のおじさん(という歳でもないけど、、、)と謎のおじさん+女性2名、だった。
なにかの弾みで真名披露会みたいになり、おじさんが帰るというのでおじさん同士が名刺交換してたのだけど、ええっ!みたいな驚いた声が上がり、なんだかそのあとその人の肩書きと会話してたような印象を受けた。
その後恋人も真名当てみたいなことをされていて勘弁してよ、みたいなことを言ってたのだけど、まあ酒の席なんだしあんまり人の名刺と飲んでもなあ、と思った。名前ぐらいならいいけど、とフルネームを教えようものなら多分Facebookとかで検索されるんだろうな。
私は付属品なので特に名乗りもしないし聞かれもしなかった。

数年前、ある飲み屋(バー)で隣り合った人に進路相談みたいなことをしたことがある。
たぶん出版とか広告系なんだろうな、と思ったけど特に真名みたいなことを聞かなかった。聞けない雰囲気だったし、聞かなくても十分よい話が聞けたから、その場はその場でおしまい。
また次、そこで会ったらいいよね、という感じだった。結局私があまりそこへ行かなくなってしまったからもう会わなくなってしまったけど、そういう付き合い方でいいよね?

まあ色々大変なんだろう、名前出して生活してると。
ふつうに帰宅してよい夜だったと思った。