ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

最近買った生活用品および化粧品など

まあ良かった/悪かったなどはあるんだけど、
一応書いておこう的なやつ。

ディアボーテ himawari

これはビッグサイズ?だけど私が買ったのは普通のサイズのやつ。
シャンプーとコンディショナー。
死ぬほどイライラしてるときにこの匂い嗅ぐと落ち着く。こわい。

FINO ヘアマスク

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク230g

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク230g

髪の中に浸透する感じは全くしないけど、
髪の表面が何した?ってぐらいサラッサラになる。
私は前髪の真ん中につむじがあるので乾かし方などによっては
ぱっかーんと割れちゃうんですけど、
これをやった翌日はそういうこともなくて平和。

whomee クッションUVパクト

http://www.whomee.jp/cushion_uv_compact.html
クッションファンデというもの初体験でした。
スノボシーズンだったので、これで直せたら便利なのでは?!と思い購入。
しかし結構大きなサイズということもあって、
とりあえず持ち運びしづらいかな…。あと白くなります。
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを顔に塗ったときみたい。
でも「手がベタベタにならない」というアイデアは最高。

ニベアサン UVクリーム

ニベアサン クリームケア UVクリーム

ニベアサン クリームケア UVクリーム

最近ずっと使っているのはこれ。
可もなく不可もないんだけど、
さすがニベアなので「しっとりする」ということで不愉快さがなくていい。

キャンメイク ラスティングマルチアイベース

みんなもっと早く教えてほしかった〜〜〜
これは良いものだ。落ちないし色つかないし。

エテュセ ラッシュバージョンアップ(赤)

エテュセ ラッシュバージョンアップa レッド(RD)

エテュセ ラッシュバージョンアップa レッド(RD)

赤のカール下地どうなの?黒を塗ると茶色になるって見たけどどうなの?
と思って買ってみたけどまあかもなくふかもなく(使用二日目なので)。

最近はデパコス買えてないけど、たぶん次はHAKUの美容液とか買うんじゃないかな。
あと化粧水もずっとアルビオンのスキコン使ってるけど、
そろそろ変えてもいいかもなあ。
顔用のスクラブも欲しいこのごろ。

近況

面談が終わったと思ったら採用継続とか色々やることがあって日々が目まぐるしく過ぎていって、ほぼ日手帳を開く暇がない。いや、あるんだけど疲れていて変に時間を消耗して終わってしまう。おまけに珍しく残業しているし、転職活動が全くできていません。由々しき事態。
いつのまにか初夏みたいな温度になっていて、着る服がないって喚くのも毎年のこと。今年こそ、たくさんトップスを買うんだ。Tシャツ飽きたし、アイロンが必要なシャツは面倒くさくて着られないから(グッドガールを標榜しているのに!)、サマーセーターとかが欲しい。
服とかも見ていて、来期のコレクションも見てみたけど特にグッとこない。やっぱりコレクションに出てくるおおげさなやつじゃなくて、もう少し生活に寄り添ってて無理がない服が好きなんだろうな。ま、買うお金もないけど。
最近はOLさんが着るようなところも見てるけど、いわゆるOL的な働き方がしたいのか?と言われると大変疑問、というかOL的な働き方ってなに。よく分からなくなっている。わたしは今の職種的にはOLなんだけどなあ。
いや、服装に迷走しててCLASSYとか買って読んでるとバリキャリ感がすごいんですけど、そういう服を身につけてそういう雰囲気で生きてゆきたいかというとちょっと違う。かと言ってandGIRLとか美人百花の雰囲気でもない。どこまでいっても終わりがない!雑誌に人生を仮託するのをやめろ。
とか言ってるのに昨晩コンビニでbis買って帰りました。いやー玉城ティナさんはうつくしい。昔、湯島のバーで隣に座っていた変わった男性が玉城ティナさんを「可愛いから尊敬の念を込めて」さん付けで呼んでいる、と言っていたのを思い出す。あれももう、4年ぐらい前の話なのではないか。

そう、現職が3年経ったんです。
それに伴って、やはり転職したいというのが一つある。毎日もう少し納得して生きてゆけるといいね。別件ももっと頑張りたい。日々もっと自分に納得して生きたい、というのがテーマです。最近買った化粧品とかの話もまたします。
3年がんばりましたねということで服や靴などを買うことが許可されています。わたしの中で。ありがとう、新しい季節へ向けて様々なものが足りないのでありがたく経済を回します。

面談終わった

私の職種じゃないが採用活動の面接もやっていて、一息ついて面談が始まった。
面談シートを提出していたので開口一番、ボスに「辞めちゃうの?」と言われて面食らった。あ、辞めたいんです、と笑いながら言った。

当たり前だけどいきなり辞めることはできなくて、まあ応募したいところがあるなら頑張ってほしいけど、まだ手伝ってほしい、ということだった。給料は雑に上がるらしい。うれしいけど、モヤモヤしている。いやうれしいんですけど。

己の行動に対して褒められないとだめ?具体的に?なんで自分で褒めてるだけじゃダメなの?
なんとなくそんなことを考えていたけど、いや評価されたらうれしいのだから当たり前では、と思い直した。

夕方頃にはやる気が死んでしまって、アイスクリームをスタッフ分も買って自席で食べた。
みんな忙しい。わたしだってやらなくてはいけないことがたくさんある。
年末ぐらいからずっとキャパオーバーで変に焦りがあったのだけど、焦るなと言われている気分になった。

腰掛けながら転職を頑張る、って、それしかないのだ。

12

"アジカンのアルバムでなにが一番好きだったか選手権"やると、周りに同世代が多いから「君繋ファイブエム」が大体一番なんだけど、次点は「ソルファ」と「崩壊アンプリファー」で結構割れる。でも「自分が死ぬときに棺桶に入れてほしいCD」にはその三枚全て入る。
高校の頃、同級生が「ゴッチは喉痛めてから歌いかたが変わったんだ」と話していたのを思い出す。

3.11から7年経ったね、その間どう変わりましたか、というような話になる。
昨晩は幼馴染と按田餃子へ行ってみたものの行列がすごくて心が折れてしまい、近くのメゾンサンカントサンクでご飯とした。せまいバーカウンターの上に綺麗な色の前菜が山盛りになる。珍しく二人とも写真なんて撮った。
7年間の間に色んなことがあったけど、その6割程度が私はずっと付けているほぼ日手帳のなかに記録されている。一番驚いているのはスノーボードやっていることだ。まさか、と思う。
二番目には、己が原稿料をもらって仕事として書く文章があるということか。もっと増やしたい。書かないといけない。

時期が時期なので仕方ないんだけども就活生を見ると心がぐにゃりとなる。わたしは新卒カードを捨てた身だけども、そのあと変に苦労してる気がするので(昨晩「勤続5年」という単語を聞いて心底ヒヤッとした。勤続ってわたしに馴染みがない言葉だ)、新卒の頃の身の振り方はまあまあ大事なんだと思う。
ただし一つ何かが違えば今の状況はなかったと思うので、これはこれでよかった、間違いではない、と思う(正解なのかはわからない)。
鴻上尚史の「ファントム・ペイン」を思い出す。あとがきかごあいさつのなかで「彼氏と別れたくないという彼女の気持ちと、それでも終電に乗って帰る彼女、その二つが分かれたら」みたいなことを書いていたと思う。新卒で頑張って就職したわたしがどこかのパラレルワールドにいるかもしれない。

いないかもしれないが。

現職は4月で3年になってしまう。それをもって退職の意思を伝えたい。面談、やるのかなあ。やってくれないと困るんだけど。

左奥歯に虫歯ができてしまい、神経にかなり近いところにあるので最悪の場合は神経を取らなくてはならないと医者が言う。
わたしは生まれてこのかた、彼にしか歯を治療してもらったことがないけれど、できるだけ神経を取りたくないという治療方針でよかったと思う。この度はわたしの不摂生により危うい状況なのだけど。

昨晩始めて「悪役令嬢もの」というジャンルの小説を読んだ。webで読む分にはサクサク読めるから、キャラクターや文体が気に入ったら読むのも面白いのかもしれない。
わたしは普段なにかを考えるときには「〜かもしれない」「〜だ」みたいな口調でものを考えるのだけど、これを読んだ直後は「〜なのだわ」「〜ね」という典型的な女言葉になっていた。

体調が悪いわけではないのだけど気になることがある。まあそれもじきに良くなると思う。
Googleで単語を検索したら「2〜3日続くのは良くあることだけど1週間続くようなら病院へ」とあった。
来週になっても悩まされているようなら病院へ行かなくてはならない。

先程またキラキラした転職報告みたいなものを読んでしまい殴られたような気分になった。
繊細チンピラかよ…と思うけどなるものは仕方ない。
「電車の中で席を譲った人」とか「道端で親切にした人」がどこかの企業の人で、いきなり面接で受かるとか、そういう荒唐無稽さがいまは欲しい。

平日はいつもなにもしたくないからPCの前でほぼ俯いている。なにもしたくない。出来れば家で掃除や家事をしながら、別件をやっていたい。
それが難しい。

ちぐはぐで噛み合わない(自分が)

自分が全く噛み合わなくて今、たった今しんどさがある。
そうだな、マニキュアを塗ってみたものの気分じゃなくて、
今しがた塗ったばかりなのにもう落としてみたり、
もしくはムダ毛を延々ピンセットでいじってみたり、
やってはいけないと分かりながら、
小鼻の角栓と格闘してみたり、チョコレートをつまんだり。
その全てをやっているわけじゃないけど、
そういう、欲求とやっていることの均衡が取れなくて、
居心地が悪くてモヤモヤ、ムカムカしている。

どうしてだろう。

なんだかその兆候は今日の夕方からあった。
特に買う本が浮かばないのに、
酒に酔った頭で30分以上もぐるぐる本屋を回って、
あれは欲しい、これも欲しい、どれが欲しい?と
自問自答の末結局一冊も買わなかった。
帰り道、イガリシノブ氏のwhomeeのサンプルがついた
ViViを買おうか一瞬迷ってコンビニへ寄ったけど、
買わずに帰宅したらば読みたくなった。

ViVi 2018年4月号【雑誌】

ViVi 2018年4月号【雑誌】

今ふっと思い浮かぶのは、
ストレス発散法としてこういうもの。

  • マニキュアを落とす
  • 爪を手入れする
  • ストレッチをする
  • 部屋の掃除をする(不用品を捨てる)

そしてさっき見た、
不安ごとを全部書きだしてみる、
みたいなこともやってみたらいいのかもしれない。

https://kensuu.com/n/na448f3051a2ckensuu.com

なんだかモヤモヤする、という時、
どうしたらいいのかよく分からない。
大変苦しいです、という日記。

逸脱の方法

原因不明の胃痛は本当に原因不明だった。
二度の血液検査も、CTも、胃カメラも、
決定打にはならない数値しか出なかった。
恋人には「心療内科を受けてみれば」と言われた。
そうだね、と返した。
まだ予約を取っていないけど、
週明けには電話を入れるつもり。
一週間、二週間と元通りの生活に戻ってきたけど、
健康って何より大事なんだな、と当然のことを考える。

最近は河合耕平の「Song Circus」をまた聴いていて、
これを聴くたびに湯島のバー・道を思い出す。
JOYZの「emerald city」と一緒に聴けば、
進路に迷っていた当時の自分がありありと蘇る。
あの頃、川崎にある企業の説明会へ行った帰り道に、
わざわざ湯島まで行って話を聞いてもらっていた。
我ながら阿呆だと思う。
でもそういうことをして、
赤の他人に話を聞いてもらわないと己の進路に
自信なんで持てなかったのだった。
結局当時話を聴いた人たちは、新卒というカードを
活かすことはなくて、
それぞれ「バイトとして企業へ入社する」とか
「大学で得たものを絶対に就職に活かしたくない」から
「香水について研究をする」とか、
そういうものだった。

人生の先達に、どのようにして道を外れていくのか
その方法を教わっているような気がしている。
いや、道と思っているものは最近蓄積された
「まあまあな正攻法」ってだけなのかもしれない。
そもそも私は既に、あの時新卒で就職出来なかった
あの時から正規ルートからは逸脱しているのだった。

昨日は埼玉までラーメンを食べに行った。
あのラーメンはなんだか癖になる。
それで、夕方から恋人と合流して、
BURTONでパーカーを買った。
本当はグローブインナーや普通のインナー、靴下なども
買う予定だったけど、やめてしまった。

今日は走る予定だったけど、寒かったのでやめた。
恋人と軽めの朝ごはんを食べてカレーを食べて、
二人でSK-Ⅱの肌年齢を測ってもらった。
のち、スタバでお茶をする、という女子会みたいな
遊び方をした。

夕方、進路相談会のようなことをしてもらった。
逸脱の方法を何個かいただいた、と思う。
そうだな、前職の頃だってうまくうまく、道を外れて
すこし一休みしたらもう一度その人の道へ戻る、
そういうことをしている人がいたのだった。

うまいことやり過ごしていきましょう。
おおむね、そのように。