ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

反省会が終わらない

今日も走ったんですけど走ってる最中、5分もない時間だけどすごくポジティブになれる瞬間がある。
恋人と一緒に走るんだけど喋りながら走るわけではないので当然めちゃくちゃ自分と向き合うことになり、「しんどい」「苦しい」以外にも、過去の過ちとかが無限に反省会として繰り広げられることがある。
「あれをああすればよかった」の繰り返し。

この連休中、恋人に何度か「やる前から不戦敗なのはだめ」と言われた。
「自分よりもうまい人がいるとすぐやる気を無くす」とか「すぐ諦めちゃう」とかそんなようなことを言われて、言われれば言われるほど図星なので押し黙ってしまうか「そうだね」と適当に相槌を打っていた(駄目な対応)。
出来る人とくらべて、出来ない自分が本当に惨めで我慢ならないんだと思う。

そういう反省会のなかで、ふっとポジティブな瞬間に入ると「そうなんだけど、」と反論が出る。
反論というか、ふっと言われたことが「自分に都合のいいように」並び替えられる。
それは(もう恋人の語のニュアンスとかけ離れるのだけど)、「練習すれば出来るんだからやる前から諦めてはいけない」みたいな、前向きの語になって返ってくる。そしてその具体例として、今現在の「走っている自分」とか、スノーボードをやっている自分がぱぱっと想起される。

でもそのポジティブさが保たれるのはせいぜい3分ぐらいなのだった。

先日も、友人に図星というかそのものずばりの正論を言われて、ありがたい気持ちと「ウッ」という気持ちになった。
そういうことを分かりやすく指摘してくれるのは大変ありがたい。なのできちんと頑張らねばならない、と理性はわかっている。
感情が付いてこない。すぐに「お前あれが駄目だったじゃん」と反省会を促してくる。

小学生ぐらいの頃、自分の出来なさを他人とくらべて貶められる形で指摘されたのがすごくトラウマになっているのだと思う。
周回遅れで走ったこと、ドッジボールがうまく出来なかったこと、絵がうまく描けなかったこと、隣の女の子が描いた絵しか母が褒めてくれなかったこと。
たまにそういうことが、スノードームをひっくり返したようにふーーーっと浮いてくる。
なんでこんなこともできないの?という目で見られてから自転車は乗る練習をやめてしまったんだった。
(結局未だに私は自転車には乗れないと思う)
うっ、仕事でも「なんでこんなこともできないの?」という目を常に感じている…というか苦手な上司には言われたな…。なんでこんなこともできないの。

書いててつらくなってきた。
とにかく、そのような「だめな自分を忘れるなよ」という縛り?がしんどい。
最初から完璧に出来るわけじゃないので、一歩ずつうまくなっていく、というのをイメージしないといけない。
(それがスノーボードとランニングの場合には「一歩ずつマシになっていく」という感じだった)

できるようになるためにはどうしたらいいのか?上手い人を真似るしかない。
最近絵日記を描いている。絵のテイストが定まらないので、対象を決めて真似ているつもり。
上手い人。上手い文章。上手い立ち回り。それが一個ずつ積み上げられてはじめて「それが上手い人」になるのに、私一足とびで出来るようになるんじゃないかっていつも思ってしまう。それが良くないというところまではわかっている。わかっているのに。

きらきらのインターネット

だいたいニフティサーブみたいな頃に自分がインタネッに居なかったとしてもtwitterの黎明期には居たし、
今もいるし、なんなら消せないブログはずっとインタネッを回遊してるし、いつになったら黒歴史ってなくなるんだろう。
興味深く眺めている人はたくさんいるけど、私も興味深く眺められているわけだし、深淵を云々になる。
でもそこに刻みつけられた感情とか経験は本当だし、そうだな、やっぱりずっと影から見ているしかない。私も見られている。

さっき、きらきらのインターネットを見た。
きらきらの書き込みを「はずかしい」と思っちゃうことは私が年を取ったからだろうな。
テレビからは今日の甲子園の様子が流れている。本当に今日のカードは良かったね。高校球児も眩しい。
ここはまぶしいインターネット。

Today

#nowplaying 進水式(live) by KIRINJI

オーチャードホールだっけ、全然お客さんが入らなくて仕方なく二階席だか三回席を締め切ってスタッフ席みたいにした、みたいな話。
堀込(兄)の書く不穏な歌詞がすごく好きなのでもっと変な歌詞書いてほしい。コトリンゴに不穏な歌詞もっと歌わせてほしい。fugitiveとか最高だよね。
そういえば付き合ってから最初にノリでチケット取ったのはKIRINJIではなかったか。チケットあるよ、とその場でイープラス開いてササッと買ったのだった。

#nowplaying 衛星のしらせ by 河合耕一

昨日はフクモリの夏祭りに行くのに浴衣を着たのだけど、座り方が下手くそだったらしく電車降りて死ぬほど気持ち悪くなって、恋人に色々迷惑をかけた。
恋人馴染みのお寿司屋さんの女将さんは「そういうこともあるわよ」と笑ってくれて、大将は寡黙に美味しいお寿司を握ってくれた。うにを二貫も食べた。
浴衣は地元の美容室で着付けてもらって、ついでに髪もセットしてもらったのだけど、やってくれた店員のおばちゃんがとても良い人だった。三つ編みもできないし浴衣の着付けもできないんですよ、と言ったら「あらあ、お客さんみたいにできない人がいるからあたしたちご飯食べれてるんですよ、いいのよ頼ってくれて、なんてね」と笑っていた。
あと円形脱毛やった?と聞かれた。4〜5ヶ月前。髪切ってる人にも言われたことないです、と言ったら「長さを揃えるぐらいなら後ろしか触らないから分からなかったんじゃないかな、まあ、親指の爪ぐらいの広さだから」と言われた。

#Today by 河合耕一

8月に入ってから絵日記を描いている。これまで何度も始めては終わっていたもの。とりあえず昨日までは続いた。
やりたいこと、やらなくちゃいけないこと、やってみたいこと、たくさんある。
やっぱりコミケ出たいよね、とこの時期は思う。思うけど漫画描けないので出すとしたら何になるんだろう?ライブのレポートとかになるんでしょうか。

昨日見た河合さんは、いつか道で見たままの頼りないふわふわした感じでよかった。
アンコール、「衛星のしらせ」をフクモリのスタッフからお願いされて「あれギター一本でニュアンス出るかな、、、」などと心配そうにギター合わせたあとパーカッションの牛山さんと始めた「衛星のしらせ」はCDよりも歌詞が立つ感じで良かったよ。や、CDの方も好きだけど。
河合さんのライブまた行きたいな。

ワーハピおつかれさまでした

ひさしぶりに行った。


持って行ってよかったもの

  • 日焼け止めと日焼け止めパウダー
  • サコッシュ
  • ビーサン
  • クーラーバッグ
  • 帽子
  • アームカバー
  • 首かけタオル

会場着いてすぐにスカートに履き替えたのでポケットがなく、サコッシュあって大正解だった。またこういう機会があればパタゴニアだっけ?カマラマキシとかあったらいいと思う。
実際履いてる人がいて楽そうだった。
帽子とかビーサンは直前に読んだひとでさんのブログ参考にしたんだけど、これもなかったらしんどかったと思う。前日にモンベルで帽子買ったんだけど迷彩柄で可愛かった。
アームカバーは恋人が自転車で使ってるやつを借りた(恋人はこれまた自転車用?のパーカー羽織って顔もカバーで覆ってた)。アームカバー、バカにしてたけど(暑いんでしょ?的な)、これは楽だった。次にこういう機会あるなら通気性良いパーカーの方がよさそうではあるけど。
Tシャツはいつもランニングのときに着てるシャツ着て行って、下着はユニクロのシームレスブラとパンツにしたんだけどこれも楽チンでよかったな。

次回あったらよさそうなもの

  • ソフトドリンクのペットボトル
  • 大きいタオル
  • ハンドタオル

席に座ってる時にタオルを足にかけてられると楽っぽい。あとあまりに暑くて酒を飲む気分ではなかったのでソフトドリンク持っていけばよかった。凍らせて行った1Lのポカリは溶けきらなかったな。
ハンドタオルは何かと便利なのでもう少し持っていけばよかった。

今回の感想

夢の島とは違って、一歩公園の外に出ちゃえば色々ある」と恋人が言ってた通り。
あまりに暑くて何度か場外に出たんだけど、場外の売店の焼きそばは普通に美味しかったし、ベンチもあり、音も聞こえるので疲れたら外で休めてよかった。
あとステージがやたら高い。最前の方にいた方々が言うには「見えない人がいる」とのことだったので程よく後ろの方が今回は見やすかったのではないか。夢の島だと普通に最前が一番見えた気がするけど。
屋台飯がすごく美味しそうだったんだけどこシャリしか食べなかったな。コシャリは「めしにしましょう」で読んでからずっと興味あったので食べられて良かった。今度自作しよう。

疲労困憊だったので高橋幸宏始まって「音楽殺人」まで聞いて帰りました。暑かった。
「恋人とフェスに行く」という実績を解除出来たから良かったかな。友達にも何人か会えて良かった。

ドラマもないそんな僕らの

アジカンの「真冬のダンス」は結構口ずさんでしまうんですよね。

しいたけ占いをよく読んでいるんですけど、しいたけ氏が上記のようなことを仰っていて、
うーんと思っている。うーん。
たぶん風邪ひいていて(咳がたまに出る)、それで体調が悪くて精神もいらいらしている感じなのだろうけど、
なにをやっても「ままならない」感じがしてすごくしんどい。
相手への気の遣い方がド下手なのでそれで疲れている気もする。

昨日も疲れ切ってしまって、ペペロンチーノを作って食べた。
一緒に食べた母には「すごく美味しい!」と褒められたので、よかった。
(母には「あんた、いつもパスタ美味しいよね」とも褒められた。褒められるともっと作りたくなる)

ドラマ、ドラマなのだろうか。
先日幼稚な願掛けをしていたところは書類で落ちた。そんなもんなのだ。
転職がまた遠のき、私は何もできない人間だな、という感情に8月入ったあたりからずっと取り憑かれている。
ホルモンバランスかな?と思ったけどそういう時期でもないので、やっぱり疲れているんでしょう。

自分が真っ二つに引き裂かれている感じになる。
理性的で物分りがいいときと、激情のままに当たり散らしたいときと。
頑張って両者の間を仲介している。いやいや、理性で分かってるんでしょ。だから我慢してよ、って。
その我慢の報酬が食物になり、もしくは浪費になり、また理性が悲しむ。メソメソしている理性を見てまたいらいらする。

「誰もわかってくれない」と殻に入りすぎてはいけないのなら、どうしたらいいんだろう。
私は確かにツイている方だと思う。ツイている方なので最近躍起になって探していたフローフシのリップも今朝ようやく買えたよ。
いまがどん底ということにして、次上がり目しかないんだなってことにしておいてください。

明日GAPでデニムのワンピース買っちゃおうかな。いいかな。

#nowplaying 若者のすべて by フジファブリック

むかしツタヤでバイトしてた頃、bank bandがこの曲をカバーしたことについて、同じシフトで入ってた同僚が荒れてたことを思い出す。
そんなカバー要らない、みたいな感じ。
たまにあるじゃんそういう気持ち。具体的にいうなら四つ打ちとかにしただけの「RYDEEN」のカバーは要らないけど、甲子園のためのブラバンが演奏する「RYDEEN」は聴きたい、みたいなやつ。
なんでカバーとか、コード進行も分からないような人間がコメントしちゃうんだろう。でもモヤモヤするものはモヤモヤするし、なんだか原曲に付随する己の思い出も少し安いものになってしまう気がする…のかな。うまく言えない。
じゃあThe Orbの「東風」はいいのか?って、そういう話でもないと思う。

なんとなく週一で10km走っている。今のところ私も恋人も走らないとその日一日罪悪感があるらしく、二人とも眠いのに無理やり朝早く起きて、着替えてストレッチをして、日焼け止めを塗りたくって出かけている。
普通にしんどいこと、やり始めは心拍数が安定しないとかの理由ですぐに休みたくなること、登りの方が(私は)楽なこと、帰ってからのシャワーがなによりも楽しみなこと。
あと、夏の間は途中にある公園で水浴びをすることにした。女を捨ててる気がするけど仕方ない、暑いので。

#nowplaying 笑ってリグレット by 冨田ラボ feat. AKIO

そういうことをしているからか、通勤時に油断しているからなのか、おそらくそのどちらもあって日に焼けた。焼けたといろんな人に言われるのでショックだけど焼けたんでしょう。
顔に日焼け止め塗らずに下地+ファンデーションだったのでそれは焼けるよね、と思いました。あわててRMKの日焼け止め買ったけど意外と良かった。
あとはUVパウダーが欲しい、ETVOSあたりのものを検討してるけどどうなんだろう。週末はワールドハピネスで、曇りのち雨の予報が出ていた。完璧にやる気出ない。タイムテーブル見て、適当なところで引き上げて帰りそうな気もする…。

夏休みの予定特にないけど、美術館とか展覧会行きたいし、美味しいうどんも食べたい。出来ればプールに行きたいけどナイトプールは高いので行かないと思う。

あーあと8月の歌舞伎気になる、一応安吾読んでみよう。

近況百選

特になんてことない日々ばかり過ごしていて、インタネッの方々には心配ばかりお掛けしている気がする。インタネッだけじゃなくて身近な人々にもご心配を…わたしの精神衛生は悪くなったりよくなったりを繰り返しています、メンがヘラヘラしてるわけじゃないんだけど仕事先に苦手な人がいるとこうなるよね。

#nowplaying Mugen by ポルノグラフィティ

すごく久しぶりに「ジレンマ」聴きたくなって唯一持ってるベスト盤二つ同期して来たんだけど控えめに言って最高。アンコールは「century lovers」のほうが嬉しいタイプだったけど、イントロのフレーズ聴くと普通に鳥肌立ってしまう。「ラック」もそう、あれ確かハマスタで聴いたんじゃなかった?
思い出と密接に結びつきすぎて楽曲そのものの評価みたいなのは永遠に無理だなって思うよ。

ハマスタの話すると先日横浜スタジアム行ってvsヤクルトを見て来ました、5-3で勝ってよかったわね。
先発の石田くんの登場曲は「アポロ」で事あるごとにかかるのであまりに懐かしくて好感度爆上げ余裕だった。パットンも見れてヤスアキジャンプも出来て勝つ、完璧。
プロ野球はそんな感じで嬉しいニュース多いんだけど高校野球は昨日母校が負けたので夏が終わりました。全国高等学校野球選手権西東京大会、私は母校が勝ち進んで欲しかったけど今年は雲行き怪しかったから順当かな。

#nowplaying ラック by ポルノグラフィティ

文章を書いているけどもっとうまく書けるはず、私には今少しインプットが足りない。

#nowplaying すべての歌に懺悔しな‼︎ by 桑田佳祐

そういえばすけちゃんのソロアルバム出るの楽しみにしている。「孤独の太陽」を飽きるまで聴いた小学校の頃、クラスに桑田佳祐が好きな人間なんて私ともう一人ぐらいしかいなくて、その子の家で「ROCK AND ROLL HERO」聴かせてもらったの覚えている。でも私はやっぱり「孤独の太陽」のほうが好きだな、小林武史がプロデュースに入ってても(入ってたよね?)。
ありとあらゆるクリエイターみたいな人たちにこの曲は有効だと思ってて、今一応そういう人たちを割と見る場所にいて、ほぼ全員こんな感じだよなと思う。バカヤロ様。

そういえばもう一個、清水靖晃のアルバムも再発するんじゃなかったかな。サキソフォネッツも楽しく聴くけど、「北京の秋」を知ってしまった今、やっぱりそっちの方面の音楽もっと聴きたいと思うのはワガママだよなあ。ていうか「北京の秋」って当時どのぐらい売れたんだろう。

なんか恋人があるギタリストにはまっていて、それに関するものでChara聴いてたのでそのギタリストと全く関係ないだろうけどベスト盤引っ張り出す。

#nowplaying junior sweet by Chara

岡村靖幸が作った「レモンキャンディ」が一番好きなんだけどたぶん同期してない。
Charaの歌い方は普通で好き。

なんか初デート?の場所にサイゼリヤ云々みたいなのをよく見かけて、そしてその話題に乗っかって付き合いはじめに行ったご飯屋さんの話をいろんな人たちがしてるのが愛おしい。みんなもっとそういう話して。
私も乗っかるけど、たしか日比谷の松本楼でオムライス食べてて、野音のリハーサルの音に負けて早々に退散したんだった。あの頃まだ髪短かったんだけど結構伸びた。目標は萬波ユカさんなのでまだ伸ばすと思う。

その頃の恋人のSNS見たら、どこかでワイン飲みながらチーズ食べてる写真で「隣に美女が〜」と書いていて、隣というのはおそらく私で、ああこの人一貫して私の容姿を褒めてくれてるんだなと思って良い気分になった。
新しい化粧品が欲しい時とか今の手持ちの洋服全否定したいときは劇的な変化が欲しいときだと受け取っているけど、今がそれで、そう、劇的な変化が欲しい。私はその変化を受け取る準備できてるよ。
そう言いながら濃い色のマニキュアやもう使わないマニキュアを捨てた。まだある。