ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

分け隔てるもの

  • なんだかすごく久しぶりに一人でライブに行った。ブルーノートは今月2度目だけど、やっぱり一人で行く箱ではない気がする。(一人で行くならたぶん青山CAYとかがいい)
  • ていうかぺぺというか菊地成孔を見るのがめちゃくちゃ久しぶりで、もう5年以上見てないのでは?という感じがした。いやあサックス吹かれると堪んないな。あと林正樹が大変かっこよかった。ずっと満面の笑みで、対照的にバンドネオンの早川純がほぼずっと無表情だったのが素晴らしかった(わたしの座席はその辺りが見回せるところだった)。
  • なんか新曲とかやったらしいけどそもそも2曲めにやった(たぶんnewyork〜に入ってるやつ)曲の名前が思い出せないのでもう何をやってもダメ。
  • しかしもう「ルペ・ベレスの葬儀」が聴けたことと、アンコールで絶好調のMCのち歌われた「Wの悲劇」が最高だったのでした。まー「killing time」とか「嵐が丘」とかもわたしの夢でなければ演奏されておりそのあたりも聴けたのはよかった。
  • 翻ってこの週末はTABF(銀座でやってる小さいやつ)見に行って、ZINE作るの楽しそうだなと思ったので今年こそは、と毎年言ってる気がする。
  • 恋人が家でなんともなしに作る曲の、曲なのか?音楽の、音の流れのかけら、のようなものがなんだか大変愛おしいのでそういったものを作ってくれたらいい。「あんなものたくさん出来るよ」と言っていたけど、音の運び一つ一つにその人の癖が現れるのだろうか?
  • しかしなんかまあ色々あるんだよなあ。この会社でおそらく一番わたしを評価してくれたであろう中田翔大坂なおみの合いの子みたいな顔の上司は辞めてしまう。だから評価されないということではないけど、わたしのポジションは数字が出ないところなので評価は難しくなるだろう。
  • それでもやるしかないのだが。
  • 春の服が欲しい、スニーカーもこの間エアマックスディア見てきたけど可愛かったよ。あ、そういえばようやくこれ買った。

  • わたしは一般教養がないので…。
  • ということで昨晩からずっと「ルペ・ベレスの葬儀」を聴き続けている。あとiPhoneで聴きたいの「tokyo joe」なんだけどあれ持ってたのにどこやったんだろ。

きびしい

  • 特に見なくてもいい情報を目にして心が厳しくなるのをやめたい。はてなブックマークホッテントリ眺めるのもはや癖なんだけど、眺めてるとtogetterのハイヒール写真とか出てきて最悪な気分になる。
  • はてなブックマークホッテントリはそういう情報というかそういうページなのを分かっているんだけど、せめてNG指定できるようになってほしい…。
  • 最近はなにを目指してるのか不明で、可愛い服欲しいな〜とか思ってもテイスト違いすぎて混乱してる。基本的には育ちが良さそうな服が似合うんだけど違う路線を着たいんだ。
  • シャルルアナスタスとかカルヴェンとか好きだった人は今なにを見てるんだろう。

どこにも行けない

「どこにも行けない」と呪いのように頭の中で反芻することがあって、最近はそれが多い。

今日は上司のピリピリした空気(思い過ごしかもしれないが)と、あまりの自分の仕事のできなさと、それに反比例する新卒の人々の凄さ。で、
打ちのめされてしまった。朝からピリピリした空気で勘弁してほしかったのに、夕方ぐらいに自分のできなさをありありと見せつけられて、
これはもうオーバーキルじゃん、と思った。
同時に、この二日間ぐらいはずっと、他の人の愚痴のようなものをずっと聴いていた。
私は愚痴を聴くのは好きだ。その場限りの、魔法のようなポジティブな言葉がガンガン出てくる。自分はこんなに言葉が湧き出る泉だったっけ、
ってぐらいに前向きな、元気の出そうな言葉が出てくる。私はその瞬間本心からそれを言うし、今も本心だと思う。
愚痴のようなものを聴くと、その人を勇気づけたり、元気になってほしいがために、元気の出る言葉の泉になる。
結果、その人達が少し前向きになると嬉しい。そういう日々だった。少なくとも、昨日は確実にそうだった。
釣り合いを取るためなのか分からないけど、今日、いや私は元気の出る泉がないじゃんと思った。根気よくいい感じの言葉を投げつけてくれる、
私は私の元気が出る泉が欲しい。湧き出て欲しい。しかしそれを他人に求めるのは酷なので(そもそも私には大変献身的な恋人がいるし、
大変やさしい友人たちがいるのだ)、どうにか自分のなかに泉を見出すしかない。
元気の出る泉、私は転職して正解だっただろうか?昼間に一緒にご飯を食べてくれた女の子に泉の役割を一瞬押し付けてしまって、
それで、いま、すごく後悔している。ソンナコトナイデスヨ、というのは基本的にはセリフだと思う。
「私会社の役に立ってないと思う」「ソンナコトナイデスヨ、」この通り。

キャリアの袋小路に来てしまった、と今日はっきり思った。
周りの人間達はたぶん何らかのスキルや知識を身に着けているけれど、私には本当になにもないのではないか。
ロールモデルの不在を嘆いていたけど、当たり前だ。だって目指したいものが見えないし、自分のなかにそれがないのだから。
愕然としちゃった。

「どこにも行けない」と思う時、同時に坂口安吾の「いずこへ」を思い出す。
いずこへ。いずこへ。私にはすべてが分からなかった。みたいな終わり方で、でも、物語はどうやって閉じるんだっけ。

で、私の泉は一体どこなのか。ああ今日マッサージしてない。何か忘れてると思ったんだ。
最近めんぼう使ってマッサージしてるんですけど今日やってない。

そうね泉どこにあるんだろう。どこから私を元気づけてくれる本心からの言葉は湧き出てくるんだろう。
自分で自分をきちんと本心から真面目に褒めてやらないとちょっとしんどい。
うーんなんでだろう。なんだか久しぶりに前職の頃みたいになって泣いてしまいそうになったよ。
明日目が腫れてないといいですね。今日すごく打ちのめされたのにハーゲンダッツ買って帰らなかったの偉いと思う、褒めて欲しい。
(誰に?)
結局こういう小さなことですら自分で褒めてやれないので、いや、まあ、相当、うーんという感じではある…。

変容

  • 最近はなんだか何もやるべきことができていなくてダメだなと思っている、今朝早起きして早めに出社しようと思ったのだけど結局いつもの時間になってしまった。まあそういうこともあるだろう。明日こそはどうにかする。
  • 話題のジョンセンムル先生を手に入れたので塗ってみたけどこれは量をケチってはいけないやつだった。週末再チャレンジするけど、たしかに顔がつるんとトーンアップして良い感じになる。サンプルで下地をもらったのでそれも週末使ってみたい。
  • 流れでdholicなど見ており、布の感じが全く分からないんだけど聞くところによるとウーンという感じらしいので迷っている、でも通勤服こそ気分上がる服がいいし、週末も気分上げておきたいのでこういうファストに頼るのもいいんだよな。
  • もう最近は伊勢丹に行ってもウーンという感じがあり、服は相変わらず好きなんだけど自分の身に余る買い物のような気がする。ただそういうものを買ってきた経験があるのでもしも魂がひれ伏すような服があったなら迷わず買うと思う。
  • いまは自分の目線がすこしあいまいで自信がなくて、みんなが良いと言ったものを試している状態なんだけど、その中からどうにかまた自分の目線を獲得できればそれが良い。結局わたしはいつも誰かになりたくて自信がないのだ。
  • 自信がないと言うもののスノーボードは確実にわたしの精神にプラスになっており、この前もはじめて木の間をすこしだけ滑ることができた。雪が深すぎても初心者のわたしは行けないので難しいけど、いや、うん、すごいと思う。
  • ゲレンデの横、脇道をすこしだけ滑れることでこんなに「滑ることができる場所」が広がるんだなあ、みたいな感じがある。
  • とにかく"できないと思っていたこと"が少しずつ"できること"になってゆくのはすごいことです。
  • 同じように、韓国コスメを使ってみることも、ファストの服を探すことも、己の中になかったことなので、変わってゆく、経験するというのはすごいと思う。まあ貧困のせいですが。
  • 最近見てて面白いのはジルサンダーネイビーです。この間もセールの残り物見に行ってときめいたので普通に定価の時に行ったらもっと楽しかったと思う。
  • 自分に何が似合うのか、みたいなのは把握しているつもりなのでそこにうまく目線を送りながら違うものも着て行きたい。だから最近は強いアイラインを試してみたり、moussyで買った靴を履いてみたりしてるけど、そういうことです。

近況

  • Diorのカプチュールユース は迷ったけど緑色じゃなくて茶色のものを買った。ビタミンCか〜へぇ〜という感じなんだけど沁みないからいい。オバジCとか白いルルルンは大好きなんだけど肌の調子が悪い時には大変沁みて痛い思いをするので…。

匂いに飽きてきたけどどうしたらいいんだろう。もっと爽やかな匂いにしておいてほしい。

  • とはいえこれで運用が固まりました。シャバシャバ系の化粧水かシートマスクのちIHADAの乳液とカプチュールユース混ぜて顔に塗って終わり。肌の調子は大きく変わらないけどまだ使って日が浅いしそこまで即効性求めてないから大丈夫。


  • 大丈夫か?ってぐらい気軽にぶつかってくる人間いるけど、満員電車だから仕方ない。平等に人権がないな、と思う。
  • 先日迷惑行為に遭い怒り狂ったんだけど、今年2年契約を結んだスペンサー・パットンを見せつけてやったら手を止めたのでよかった。何も良くないしわたしが舐められたのがすごくむかつく。捕まえればいいのにと自分でも思ったけど急行の車内でハアハア言いながら迷惑行為する人間なんてキチガイなんだから触れたくないだろ…
  • Cancamがスノボ 特集組んでてがんばれ〜と思ってます。というかゲレンデ特集か?。今月出る号では髪型とかやるみたいだけど3月ってもうほぼ雪ないのでは。大丈夫かな。

バラクラバとヘルメットのせいだと思うんだけどたぶん前髪が短いのが一番の原因。お昼ご飯食べるときに色々装備品を外してると「うわぁ〜ひどい崩れ方だなあ〜」と思う。仕方ないんだけど。

  • いろんなところで何度も書いてるけど髪を触覚みたいに出してるとその部分だけ痛みませんか?わたしだけなのか?
  • 今思い出したけど先週は電車の中ですごく気持ち悪くなったりしたから電車運がなかったのではないか。つり革絶対捕まるマンの気持ちはわかるんだけど、満員電車でそれをやられると脇の下とかに顔を突っ込まないといけなくなるので自分の近くにはいないでほしいなと思う。

満員電車が全て悪い。それに尽きる。

最近

  • 本当に忙しかったような気がするけどその中で自分の習慣を取り戻せたのは大きい。ほぼ日手帳を全く開かないというのは自分の中で考える時間がなくなるのかなと思っていたんだけど、そんなことはなかった。たぶん。アウトプットをするためにはインプットが必要とは私が今更言うまでもなくめちゃ広く知られた概念(?)だけど、本当にそうなので、ほぼ日手帳を無理やり開いて訳のわからない言葉を書き付けるよりかは、本でも読んでた方が生活の態度としてはよろしい気がする。

ということで最近はなんとなく気付くとまた他人の日記を読んでおり、佐久間裕美子の「my little new york times」を開き、退屈になったら最果タヒ百人一首のエッセイを読む、という感じになっている。

  • 他人の日記が好きなのは何故かしらと思ってるけど、私が誰かになりたい以上の感情がないからだった。教授になりたいわけじゃないけど女帝が日記とかやろうものなら毎日読み耽るし個人的に重要だと思ったところはスクショ撮ると思う。

坂本美雨がexciteでやってたブログは何度か全部読んだ。アメブロは記事をまとめて読むのに向いていないので読まなくなった。

  • FSBSというビデオ(?)がすごくカッコよくて、ウェイ系の曲を使ってなくて脱力しててかっこいい。ああいう空気感好きだ。とか言いながらたぶん一番見てるのはburtonのvariable conditionsだ。
  • この間行ってビビりまくって滑れなかった、キロロのセンターA/Bを画面の中のライダーたちが颯爽と滑るから。というのもあるんだけど、単純にいつかのそんなに良くない日に恋人が「variable conditionsだよ、」と言ったからよく見ている。

とにかくいろんな状況と状態をたのしむこと。
新雪じゃなくてもいろんな楽しみ方がある」と言うので。

  • 菊地成孔のチケットを取った。ペペ、久しぶりに見る。というかまともに見るのもしかしたら初めてかもしれない。今年こそいろんなライブに行きたいし展覧会にも、と考えているけどどうかなー。特に展覧会はSNS眺めてるとアホみたいに混むのが普通になってて、そんな状況下でゆっくり見るとか無理だなと思う。
  • お三方のライブも行きたいと思ってるけど、なんだか相変わらずファンの何か、みたいなのがしんどいのだった。ファンはライブ全部行ってすごいレポートあげてなんぼ、みたいな空気を勝手に感じて行きづらくなっているのでそんなものはないのだけど、まあ、行かなくていいかな。きっとそのように思っている時点で門前払いです。
  • わたしの書いた文章が誰かに好意的に受け取られるという事実があるという、それがうれしい。

飲み会ですごく雑なLTやった

年内に飲み会の予定立てたときにふと「その日教授のお誕生日ですね」と口走ったところ
「じゃあお誕生日会にしましょう」と謎の返答を受け取り社内カレンダーにもそう書かれてしまったので、
勢いでLTをやることにした。
LTと言えないレベルだったような気がするけど概ね5分程度にまとまったらしいし、
飲み会の席だったのでまあよかったのかもしれない。

以下反省点

  • ちょっと雑すぎた
  • 本当はyoutube流したかったけど流石にそれはどうかと思ってやめた
  • いけないネタにフォーカスしすぎたので次はもっとかっこいいエピソード紹介したい
  • ノリで押し切った感じがあるのがだめ
  • もっと他に言うべきことがあった気がする

ただ気楽にスライドを作って発表しましょう(楽しいので)、というような空気は作れた気がする。
しかしジンギスカン食べながらやったので
PCを取り出す一瞬の間にリュックの中身までジンギスカン臭くなってしまったのは失敗だった。