ネコミミにひかりあれ

日記を書くことがあります

ラジオのように書き出してもよい:アマトリチャーナをつくる / 水星の魔女/ 雨の平日休み

本当にほぼ週報のようになってるなあ。
いきなりすっごい寒くなった今日、わたしのブログを読んでいる方々はどんな過ごし方をしたんだろう。
わたしがブログを読んでいる人たちもどんな過ごし方したのか気になるので、あとで読みに行きます。
そうやって過ごし方を誰に言うでもなく、「みる」「みられる」っていう交わり方だったのって静かでよかったかもしれない。

恋人の家にあたらしいmoogが届いていて、わたしは楽器や音楽については本当に門外漢なので何もわからないのだけど、カタログがかわいかった。
額装して置いておきたいぐらい。小粋っていうんですか。かわいい。

中身はもっとかわいいんだよね。

それで先週末はアンチョビのにおいがちょっと苦手になってしまった恋人と、なんとなくパスタを食べたりチーズを食べながらワインを飲みたいわたしのために、
アマトリチャーナを作って食べてみた。ナチュラルローソンに売ってたちょっといいベーコンで作ったので想像以上に美味しくて、アンチョビじゃなくていいなあと思って平らげてしまった。
私はこれ家だったら粉チーズ目一杯かけるけど、恋人の手前そんなことはしない。

コンビニに売っているミモレットパルミジャーノの板?チップ?みたいなのが割とお気に入りです。あると嬉しくて買っちゃう。

ぼんやりしてたら「機動戦士ガンダム 水星の魔女」が始まっていたらしくTwitterのタイムラインがその話題で一瞬埋まった。

www.youtube.com
すさまじい。フォローしている2、3名ぐらいはリアルタイムで見てたんじゃないか。もっとかもしれない。
そして私は(うわ〜〜〜今日からか録画してないぞ、、、)と思ったんだけど、ずっと無駄に金を払っているDisney+で配信していて事なきを得たのでした。危なかった。
というかガンダム見ていると思ったら少女革命ウテナ見せられたんだけど何事だったんだろう。
インターネットで盛り上がってた?っぽい百合とかポリコレみたいな話はよくわからなくて、とにかく面白くてよかった。

最近は自分のオタクとしてのルーツ?出自?芽生え?が腐女子だったこともあって、二次創作をやらないオタク、アウトプットをしないオタクは存在価値がないと自分で自分を追い詰めていて、
なのでなんとなくそういうのを喚起させられそうなコンテンツには近づかないようにしていた。アニメとかゲームとか漫画とか、全部。
もうそういうのにハマる熱量もないしな、と思ってたんだけど、普通に作品を享受してもいいんだなと思った。作品の面白さを受け止めて感動するというか、解釈しないというか。
そこまで真面目じゃなくても、なんとなく受け取っていいんだと思い直した。

大昔、鴻上尚史が…たぶん…演劇はストーリーの真ん中、芯、テーマと直接握手ができるメディアだ、みたいなことを言ってた…言ってたような気がする。
本質といきなり握手ができる、みたいな言い方だったと思う。
私はそういうのでいいのかな。YOASOBIの主題歌も買いました。

そういえば明日はお休みをとっている。朝から用事があるんだけど、それが終わったらずっと行ってみたかったお店でランチを食べるつもり。
三連休前の金曜日だもんね。と思ったんだけど雨なんだよな〜。どうしよう。でも明日を逃したらなんか行かないままになりそうな気もする。
行って美味しかったらたぶん書くでしょう。書かないと残らない、思い出せなくなっていくし。

なんか明日か明後日ぐらいに通販で買ったものが届くっぽいんだよなあ。明日きてほしい。