ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

爪を伸ばす。自分の中の化け物と対峙する。夜は早く寝る。本を読む。機能性ディスペプシア。

爪を伸ばしている。
ピンク色の部分、ネイルベッドと呼ばれるところを伸ばしたい。保湿がいいとは聞いたけど、先日会社の人に「とりあえず爪を伸ばすといいらしいですよ」と聞いた。なるほど、と思ってネイルエンヴィを塗りながら爪を伸ばすことにした。

自分の中に化け物がいる。
ここ最近はことにそう思う。
すぐにイライラしたり、怒ったり、妬んだり。流石にまずいでしょ、と思ってなんとなくピルを変えた影響かも?と「トリキュラー イライラする」なんて調べようとして、いや、今まで飲んでたアンジュと全く同じって聞いたじゃん、とやめた。
結局何かにずっと追われていて疲れている、ただそれだけのことなのだ。

夜は早く寝る。
早く寝ると気持ちいい。でも朝の早起きが続かない。

本を読む。
Scrapboxに読書記録をつけていて、それはphaさんの本読んだりして「処分するときに一定の基準があると楽だな」と思ったからなんだけど、結構いい。
基本的に引用というかメモのみなんだけど、それが恐ろしく少ない本は次に手放そうと思ったりする。

最近読んでよかったのはこれ。

わたしはずっとプログラミングとかエンジニア的な文化にあこがれがあるんだけど、いや、いい本でした。流れでフェミニズムの本読みたいんだけど何から読んだらいいのか分からなくて、どうしよう、と思ってたら昨日友人がこれお勧めしてくれたので次読む予定。

「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。

「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。

  • 作者:小川たまか
  • 発売日: 2018/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

化け物とうまく目を合わせて、適切に処理するためにきちんと休んだ方が良さそうな気がする。

機能性ディスペプシア。
最近はあんまり酒を飲まない生活をしているし(土日にも缶チューハイひとつ飲むか飲まないか、それも5%とか)、平日に誰かとご飯に行っても飲まない。
とにかく胃の調子が悪くなると厳しい、というのがひとつ。わたしは酒を飲むのもすきだけど、すきな人たちと美味しいご飯を食べることの方がすきで、そこにいい感じの飲み物があるといいね、というだけなので酒でなくてもOKなのだった。
炭酸水とかフレーバーウォーターとかがいいのかな。温かいお茶ももっと選択肢が増えたらいいね。
機能性ディスペプシアというのも変な病気で、わたしは一昨年も去年も劇的に体調崩したときにその診断が出たのでそうということにしているけど、日常は問題ない。twitter見ると日常で困ってる人がいるので、自分はまだいい方なんだと思う。たまに劇的に崩すが。
まあ一昨年よりは、去年よりは、というふうに体調に気を配れるようになってきたので、きっとただ単に胃の調子が悪くなりやすい人。になっていくだろう。