ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

相変わらずどこにも行けない。

なんか人間には様々な形があるなとなんとなく思っている、いや人間というか関係か。うつくしくて所得がある男女が爛れた関係になっていったりただならぬ関係になっていくのはなんでなんだろう。いや、傍目に見てそこまでうつくしくない女の子も爛れた関係を持っていたりしたわ。なんでだろうね?大富豪が永遠の命を求めるのと同じかな?もしくはクローンとかさ。不思議だよね。…ってここまで書いてて「光峰」を思い出しちゃったよ。でもわたしには語りかける瞳ちゃんは居ないのでした。そうだね、ガス入りの水も好きだけど、ぬるい普通の水でいいや。でもふつうにそれ単体で飲むなら伊右衛門とかさ、ぬるいペットボトルのお茶が一番いいよね。

なんか仕事もさずっと考えてる、人は良いんだけど評価はされないことが確定していて(もうわたしの評価は上がらないんだって!なにをしても。)、お賃金も上がらないんだったら、わたしは一体なんのためにここに存在しているのか…?まあ日々の仕事はなかなか自分を形作っていて本当にバックオフィスだね、って感じなのでそんなに不満はないんだけど。いやあるわ、やっぱり色々満たされてないわ。
そういう時って誰に相談したら良いんだろうね?誰にも言えないことばかりだけど、周りの子はうまいこと相談してるよ。相談って難しいね、自分を隠さずに臆さずに話すことなんて大昔に否定されてからか、もうずっと困難だよ。
(あの頃都会の駅で降りて大規模なご飯会に向かってる時、夢について問われて咄嗟に出なかった。隣の女の子はすらすら出てたのにね。その違いかな?)
トラウマとも言えない苦い経験をどこまで後生大事に持ち続けていくんかしら。

それはそうともう冬に向かっていて、今年全く準備出来てなくて、だめだなと思うんですよ。しかし満員電車の些細なことでイライラしてるからたぶん疲れてる。しかたない。すべて仕方ない。