ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

わたしと中野ブロードウェイ

この間久しぶりにブロードウェイ行ったんですよ。中野の。

レコミンツなくなったの知ってたんだけどそれから初めて行ったんじゃないか?10年ぶりとは言わないけどAOKI takamasaのSimply funk買ったのがレコミンツだから最後に行ったのまだレコミンツあった頃のような気がする。
中野ブロードウェイ、どうして知ったのか思い出せないけど高校の頃友達と行ってしまったのが運の尽きで、それから時間を見つけて行くようになってしまった。貯金ガンガン崩してたのもこの頃。まあこの頃につけたサブカル基礎知識と体力が今のわたしを作っているのでそこまで言うまい。いやでもサウンドールとかに手を出さなかったのは偉いとおもうんですよ。当時メカノで一冊3500円とかしたんじゃないかな?
レコミンツYMOのWORLD TOUR 1980が2枚組6000円とかそういう時代だったのでわたしは買いましたが、まあ本当にそういう時代だったの。OMIYAGEとかもわたし買ったんじゃないかな。アヴェク・ピアノは見かけたけど買わなかったな…。違ったかな。
とにかくTRIOとまんだらけレコミンツとたまにメカノ。には死ぬほどお世話になったんだけど久しぶりに行ったらTRIOは1店舗?になってるし、あんだけあった古本屋と中古CD屋はほぼ死んでるし、代わりに時計屋とオーディオ屋が増えててなんだここは、という感じだった。あとまんだらけで東方買いそうになったけど我慢したのでえらい。
一緒に行った恋人が初めて来たというのでやはりサブカルに触れてない人間は強いなと改めて思った。わたしが表層しか知らないものを向こうはまあ普通に知っていたりするので、これが教養、これが力。
めちゃくちゃなカオスっぷりは変わってないけど、あの頃みたいな「ここに行けばなんでもあるし何かはあるだろう」という感じはなかったように見える。わたしが年取っただけだろうな。

まー当時は熱狂していた。YMOが活動期に出した写真集3冊とも持ってたもん。OMIYAGE、YMO book、シールド。サウンドールに手は出なかったけど8ビートギャグは何冊か持ってたんだよな。8ビートギャグは啼羅さんだっけ?なんかその人の漫画がアホみたいに絵が上手くて好きでしたが、柴田亜美とかもう一人有名な人もそれなりに同人誌していて、なんかすげー時代だなと思いました。つかデビシル→教授みたいなのって今で言うとなかなかグレーな感じあるけどなあ。それら全てそういう時代だったんでしょう。母さん、僕のあの8ビートギャグ、どうしたでせうね?(答え:そこらへんのブックオフみたいな店で適当に売り飛ばした)。
あとゲルニカが載ってるフールズメイトは悩んで悩んで買わなかったんじゃないかなあ。フールズメイト!おまえ!ゲルニカなんか載せて!と思った覚えはある。PIERROTとかも友達の影響でたまに聴いてたのでゲルニカV系じゃないだろ!わはは!なんて爆笑してたよ。
レコミンツのあのオレンジ色のポイントカード?覚えてる。S-ken & hot bombomsだっけ、あれのCDとかは店前にあったワゴンからなんとか発掘したんだよな…。pa-pue-beだっけ、いま確か再発されてるんだけどそれの「32階の窓から」がいびつな理由でどうしても欲しくて欲しくて手に入ったの。レコミンツで買ったので覚えてるの、それぐらい。くるりのインディーズの頃のCDが6万だかで売られてるのは見たことある。ゲルニカの箱も買おうか迷って結局買わなかったし、宝探ししてるみたいでよかったな。eaterの1stとか買っときゃよかったんだけどさ。あとなんか蓮沼執太がprogressive formから出してたやつとか買ったんじゃなかったかなあ。
当時は高校があった街にブックオフレコファンとユニオンがあったのでそこの中古コーナーでまあ事足りたんだけどそこにないものを探しに行くときは中野だった。おもに古雑誌とかだったけど月カドの教授特集とか持ってた。
高校最後の体育祭、皆が打ち上げに行く中で友達と即制服に着替えて埃まみれの頭で中野ブロードウェイへ向かって互いに何かを買ったのはなんとなく覚えてる。その晩の夕飯が大戸屋だったことも。

あーあとまんだらけにお三方コーナーあったんだけどよかったですね。さすがに一冊もなくてコーナー作ってやるなよとは思った。
大昔作ったコピー本とかいままだ持ってる人いるんだろうか?わたしの手元にも原稿すらないからもうなにも確認できない。(まあライブレポとレビュー本だったので別にどうということはないんだけど)
あるよ。絵描いてただろ。まあそういう原動力とか熱狂はどこかに置いてきてしまって、わたしは、でもコピー本作るの楽しいんだよね…。

中野そんなことを思う街だよ。