ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

逸脱の方法

原因不明の胃痛は本当に原因不明だった。
二度の血液検査も、CTも、胃カメラも、
決定打にはならない数値しか出なかった。
恋人には「心療内科を受けてみれば」と言われた。
そうだね、と返した。
まだ予約を取っていないけど、
週明けには電話を入れるつもり。
一週間、二週間と元通りの生活に戻ってきたけど、
健康って何より大事なんだな、と当然のことを考える。

最近は河合耕平の「Song Circus」をまた聴いていて、
これを聴くたびに湯島のバー・道を思い出す。
JOYZの「emerald city」と一緒に聴けば、
進路に迷っていた当時の自分がありありと蘇る。
あの頃、川崎にある企業の説明会へ行った帰り道に、
わざわざ湯島まで行って話を聞いてもらっていた。
我ながら阿呆だと思う。
でもそういうことをして、
赤の他人に話を聞いてもらわないと己の進路に
自信なんで持てなかったのだった。
結局当時話を聴いた人たちは、新卒というカードを
活かすことはなくて、
それぞれ「バイトとして企業へ入社する」とか
「大学で得たものを絶対に就職に活かしたくない」から
「香水について研究をする」とか、
そういうものだった。

人生の先達に、どのようにして道を外れていくのか
その方法を教わっているような気がしている。
いや、道と思っているものは最近蓄積された
「まあまあな正攻法」ってだけなのかもしれない。
そもそも私は既に、あの時新卒で就職出来なかった
あの時から正規ルートからは逸脱しているのだった。

昨日は埼玉までラーメンを食べに行った。
あのラーメンはなんだか癖になる。
それで、夕方から恋人と合流して、
BURTONでパーカーを買った。
本当はグローブインナーや普通のインナー、靴下なども
買う予定だったけど、やめてしまった。

今日は走る予定だったけど、寒かったのでやめた。
恋人と軽めの朝ごはんを食べてカレーを食べて、
二人でSK-Ⅱの肌年齢を測ってもらった。
のち、スタバでお茶をする、という女子会みたいな
遊び方をした。

夕方、進路相談会のようなことをしてもらった。
逸脱の方法を何個かいただいた、と思う。
そうだな、前職の頃だってうまくうまく、道を外れて
すこし一休みしたらもう一度その人の道へ戻る、
そういうことをしている人がいたのだった。

うまいことやり過ごしていきましょう。
おおむね、そのように。