ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

ちいさな声でグッバイ

朝から石野卓球の歌モノPVふたつ見てきた。岡村靖幸のcome babyと七尾旅人のラストシーン。どっちもニコニコで見たから昔それを見た人たちのコメントが流れてきてふんわり化石みたいだった。時の流れを見た。
家の周りはゆるやかな坂になっているから、雪が降った日はボードがあれば面白そうだと思ったんだけど、インナー以外全て恋人の家に置いているのでそういう楽しみ方はできなかった。
無論、ボードとブーツが手元にあったところでうまく滑ることは出来ないだろうし、おっかなびっくりスケーティングするぐらいだろうけど。
暴飲暴食が止まらなくて、たぶんそのせいもあって仕事への態度が大変悪くなっている。別件も少しまた学びなおさないといけないことがあって、やらなくては、と今朝家にあった資料を少し読んだ。資料というか、そういう雑誌だけど。平日のこの勤務時間が無駄だから、もう少しどうにかしたい。できない。
ここに勤めて4月で3年になってしまうけど、その間明確に褒められたことが(たぶん)なくて、業務について認めてもらったことはないな、と思い返してしんどくなった。
元の場所にいた方が良かった?いやいや、私はこれはこれで良かったとずっと思っている。思っているけど、次の身の振り方が決まらない。
たまに見る貧困みたいな話を見て明日は我が身だと震えてしまう。いま正社員でやる気なく働けているのは運がいいだけだよな、と思っている。

とはいえ、私はもっと自分が評価されて、みんなも私も気持ちよく働ける場所を求めてもいいのではないか。

いや、そんなところ無いのかもしれない。
あるかもしれない。どっちもわからない。
西の魔女は死んだの話を持ち出すまでもなく、会社はたくさんあるのだから、自分が何かを選び取ればいいだけだし、合わないなら辞めた方がいい。他人に対してはそのように明確に言い切れるのに、自分のこととなると言い訳が溜まるばかりで何も動き出せない。
困っている。
私は働きたい。できればチームがいい。もう、一人で事に当たるのはうんざりだから。ということでまたも転職サイトを見る日々である。
一瞬、別件一本にして、、、と思ったりもしたけれどおそらく生活が成り立たないのでダメだな。

「できない」ことにフォーカスし続けてしまっているのは他ならぬ私なのだった。
スノーボードとかそうで、(ビビってしまって足がすくんでしまう大問題を除けば)初心者なりに滑ることはできるわけだし、わたしはできないから、と言い訳を続けているのはわたしなのだ。
「できるんだから自信を持っていいよ」と恋人が言う。
自信を持ちたい。恋人はあらゆる局面で私を褒めてくれるので、たいへん労力を使っていると思う。えらい。一重まぶたの瞳も、小さい耳も、変な寝顔も好きだという。変わっている。物好きなんだな。

平日、ずっとこんな調子で自己肯定感もクソもなくひたすら己の仕事の出来なさにフォーカスしてしまう。精神衛生にたいへん悪いと思うので、はやく次の仕事を見つけてここを辞めてしまいたいが、次が見つからない。大したスキルも経験もないからかしら。

そのように暮らしています。
次はもう少し明るい近況がいい。