ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

「証明してくれ」

とにかく頑張りたくない。いや、頑張りたいんだけど、日中やっている仕事についてはやる気がもう50回ぐらい根本から折れているので「出社しただけでも偉い」という意識になっている。仕事に関してはできているのかできてないのかよく分かっていない。今はもう居ない人(退職した人)について結構駄目な語で貶めている、というのを聞いたのでもうなんだか、全て駄目な感じだ。私もきっと現在進行系で貶められているんだろう。

拙い英語でこういうことをやっている、みたいなことをback officeと言ったら、administrative assistantと言うんだよと教えてもらった。初対面の講師と会う時は「I have two jobs, administrative assistant and writer.」みたいにめちゃくちゃ文法駄目な感じで話すんだけど、そうやってごくごく簡単に簡素に事実のみを伝えるとき、日本語より拙いからより本当に近い感じがする。
その単語を知らなかった時、administrative assistantというのを知らなかった時、私は単にI’m writer.とだけ名乗っていて、それも嘘じゃないけど本当のことでもないのでウーンと思っていた。だからtwo jobsという表現を教えてもらった時に「あ、よかった。嘘つかなくて済む」と思ったのだった。変なの。嘘じゃないのに。
先日の先生は私と住んでいる駅が同じで、反対側に住んでいるというのでその話で盛り上がってしまった。今はもうないお店のことや、ここにお化けが出るとか、そういう話。気づけばレッスンの10分前とかで、一応テキストがあるのでそれを進める必要があるんだけど、早足で進めたのも面白かった。うん、面白かったんです。

そろそろ就活のときに使っていたスーツを捨ててもいいと思っている。あんなスーツ、もう着ないと思うから。しかしひどいイベントだな、と思うよ。就活。無駄遣いもいいところで、結局私は夏のクソ暑い中品川駅に行った企業以外には面接に進めなかったし、卒業前に滑り込んだ企業(アルバイトだった)以降、今のところで2つ目だけどオフィスカジュアルとは無縁のところで働いている。スーツ、無駄だった。丸井で私がスーツ買う時に接客してきた店員が言ってきたことまだ覚えてて根に持ってるんだけど「今まで楽な服装だったと思うんですが、スーツはちょっと苦しいですから、それがスーツなんです」みたいなこと言ってて、あの時ばかりは本当に苦情出してやろうと思ったんだけど、面倒でやめた。出せばよかったかもしれない。そうだわ。スーツ捨てていいわ、そろそろ。さよなら。
見る度に「新卒カード」を使えなかった自分が思い出されて忌々しい気持ちになる。

「神様、居るなら居ると証明してくれ」って映画の中で見たんだけど、たまに祈ってしまう。