ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

夏が暑いことを忘れがち

毎日毎日誰に許可を取ってこんなに暑いのか、とTwitterで去年あたり見かけたことを口走りそうになる。でもこれからもっと暑くなるんでしょう。日当たりのいい自室は真夏の間クーラーがあまり効かなくなる。

小学生の頃履いていたスカートを久しぶりに履いた。正確に言えば「小学校の卒業式に履いた」ものなので殆ど中学生だけど、まだ履けるので履いている。流石に小物として付いていたベルトのようなものは使えなくなってしまったので捨てたけど、それでもまだ履けるし、なにより可愛いので取っておいてよかった、と毎夏思っている。
バーバリーがいなくなって大変だという話を聞くけど、あの頃キッズのバーバリーって三陽商会だったのかな。分からない。でも伊勢丹で買ったことだけ覚えている。いつもはラルフローレンとかを好む母が、なぜかバーバリーを買い与えたのだった。後で聞いたら安室奈美恵が着てて可愛かったから、とのこと。

夏の間何を着ていたのか全く思い出せない。
思い出せないのでiPhoneのカメラロールをさかのぼる。一昨年なんて殆ど別人だ。iPhoneを途中で変えているから写真データはあまり残っていないのだけど。

英語のレッスンも行き始めて一ヶ月ぐらいが経つらしい。先日醜態を晒した飲み会では、隣に金髪の女性が座っていて、私の眼鏡を見るなり「青いラインがきれい、私も今日青いアイライン引いてるよ」というようなことを話してくれた。だいたい理解できて、且つ話したいな、と思うようになったのはレッスンの成果だと思いたい。
とはいえ醜態を晒した話を英語でするのは面白い。初歩の初歩。casecとか受けてみたい。ひどいスコアだと思う。

最近評判の占い師がinstagramで質問を受けるという。おお、と思って覗いて、早速自分も質問を…と考えてはたと気付いた。問う前に答えが自分の中にあったので。
「私はこういう方向へ進みたい。いまチャンスが(かなり狭いけど)煌めいている。それに挑むべきか、もう少し待つべきか」
誰に問うても「挑むべき」と言われると思う。というか私は(もう少し具体的な語を使って考えてたけど)、何言ってんだこの女と思った。答えが一つしかないものを相談するときは背中を押して欲しいからだ。誰に話しても挑むべきと言われる。私もそう思ってる。背中は存分に押してもらったからあとは私がどうにか挑むだけだと思う。

今日は美容三誌と(おそらく)女子大生向けの雑誌、そこからターゲット変えたJJとかが出るので読もう。ああ、SPURも今日だ。