ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

近況

人のブログ読みたいとか日常読みたいとわめきながら私が全くブログ更新していないのであった。
だめじゃん。

なんだかライターとして仕事をやることがあるし、きちんと文章を読もう!と思って、
思って手に取ったのが植本一子の「家族最後の日」だった。
文章の圧というか、いきなり母親と絶縁した話が出てきて面食らってしまった。
止まらなくなったので「かなわない」も読む。
植本一子のこともECDのことも存じ上げなかったけど年齢差があるお二人だという知識はあって、
スッと調べてみたらば、私と同い年の頃には既にお子さんが二人もいらっしゃる、みたいな感じで、
この人は私よりも完璧に社会性があるし凄いな、偉いな、という感想になった。
私はどうするんだろうなあ。その辺りを。
向田邦子「眠る盃」、服部みれい「あたらしい移住日記」も読んだ。
向田邦子と言えば、私なんかの世代では中学受験のド定番だったと思う。出題されるんだよね、向田邦子が。
なので読んでおくことを進められるのだけど(実際、問題文に出てきても面白かった覚えがある)、
結局読まないまま26歳まで来てしまった。きちんと読んだら面白かったので、さすが、の一言です。
服部みれいの日記シリーズは「あたらしい東京日記」「あたらしい結婚日記」も持っていて、
「移住日記」は美濃へ移住する前後の話なんだけど、まあ色々参考になるというか、面白い日常。
服部みれいは一度だけ生で見たことがあって、青山ブックセンターでのZINEに関するイベントで見たというだけなのだけど、
はつらつとしてパワーがあって、いや、すごいお方だなと思いました。色々と「?」もあるけど、トータルとして好きです。
ああいう存在。
ということで女流作家の本は読まないんだけどエッセイはよく読んでいる。
多和田葉子の「言葉と歩く日記」も読んでたのだけど、最後数ページを残してまだ読み終わっていない。

あとは先月号のGINZAの付録だった「ギンザ百景」もぱらぱら眺めている。
最近は銀座へ出かけることが多くて、銀座三越は食料品コーナー含めて好きになったけども、
いい街だなと思います。銀座。ちょっと歩けば日比谷公園があるし。
よい街にはよい公園。

買い物日記なんですが、キッカのミスティックパウダーアイシャドウを買いました。
EX-36、フューシャアイランド。
一重まぶたということもあり、あんまり目のキワに締め色を使う化粧はしなかったんだけど、
これは締め色を入れてもやわらかく仕上がること、締め色を入れても不自然にならないこと、
そしてピンク系なのに腫れぼったくならないこと(まあ、実際はラベンダー系の色だと思う)があって、買ってしまった。
使い方はもっと勉強すればもっと可愛くなるでしょう。
このあたりはまたどこかで書くでしょう。

で、ちょっと大きな買い物をしたので貯金をしようという話になりました。
というか今まで無秩序にお金を使いすぎていた。ありえない。
シャンプー買うのも色々迷う毎日です。とりあえずは節約生活だ。
しかしこういう決断をすること、それが過去よりはマシだということの証左になって欲しい。なるか?
秋になればスノーボード関連の出費が増えるだろうし、色々とお金を使わない生活にしたい。
そういうことを言うけど、おそらく明日発売のCanCamは買ってしまうだろうし、色々と世知辛い
収入が上がれば経済をガンガン回せるので、収入が上がって欲しい。
相変わらず転職したいとは思っているけど、転職≒すごく幸せ、ではない。現職の不幸さと転職を安易に結びつけてはいけないし、
転職したからといって毎日薔薇色になるわけではないよな、とも思っている。

たまに平日休んで家事をやってちょっと別件の仕事をすると、こういう生活がいいよねと思ってしまう。