ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

潜水

泳げなくなったくせに水に関する語がなんとなくすきで、大昔やっていたサイトで使おうと思っていたタイトルストックにはそういう語が多い。
久しぶりにロリポップ借りて、タグをベタ打ち、CSS?なにそれ、みたいな簡素なページを作っているとたのしい。
たぶんCSSが使えるともっとたのしい。
もう少しどうにか見栄えがいいページを作れたらいいんだけど、今の私にはどうも無理です。
.tokyoドメインが始まった頃に取ったやつ、もうずっと放置してあって、そろそろ使ってあげたい。

名前。
私はネコミミって名前をそんなに長いこと使うと思ってなくて、でも気付いたら結構長いこと使っている。
先日、インターネットですこし知っている、という方にお会いした時に「ネコミミです」と自己紹介していてなんだこれは…と思った。
その場にいた、元々はインターネットを介した知り合いだった方々は時を経て私の本名を漢字で知っているのに(私も向こうの本名を知っている)。

付き合いが長い人たちについて、本名と全く結びつかないあだ名で呼んでいることがある。
ほんとうの名前を伏せて会う、というのもなんだか秘密めいていて好きだけど、本名を知った上で別の名前で呼ぶ/呼ばれるのも、もっと秘密めいて、暗い楽しみがある気がする。
名前を奪うこと。
名前を付けること。存在をそこに認めること。
本名と隔たりがある名前でひとを呼ぶとき、その私とその人の関係性にあだ名をつけているような気分になる。

とはいえアラサーでネコミミ…。
私の本名を知っていれば、どちらで呼んでくれても構わない。でもネコミミと呼ばれようが、本名をもじったあだ名で呼ばれようが、名前を呼ばれて悪い気はしない。

そうそう、そういうたのしい週末を経て、休みの日にまで仕事のことを考えて憂鬱になる。
別件の方は考えているのが楽しいのだけど。
前職はこんなことがなかったから、すこし戸惑う。そりゃ、職場への道で(帰りたい)と思うことは多かったけれども。
でも、休みの楽しい時間にも侵食してくる、ということはなかった。

フォーミュラXをつけてからミラーハリスの薔薇のものをつけてみた。
フォーミュラXは清潔な皮膚のにおいがする。
ミラーハリスの薔薇は、落ち着いた華やかさがあってよい。女性的だけど過剰なフェミニンさや甘さとは無縁だと思う。

平日はいつも潜水を、息を殺して生きているのだけど、なんでだろう。
私はマイナスをゼロにしきれない日々にほとほと疲れてしまっていると思う。

寂しくて悲しくて辛いことばかりならば諦めて構わない、大事なことはそんなんじゃない!って岡村ちゃんは歌うけどさ。
大人の人は逃げるなともいう。
逃げない間に疲弊して数年たってしまう。
逃げ癖がついてしまうのはよくない、でも…。

#nowplaying あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう by 岡村靖幸