ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

メールの設定とかなんとか呪文みたいな事柄

それらは得意不得意が確実にある。

わたしはデザイン事務所の事務職なので、デザイナーが言う「入稿」とかの意味はわかるけど実態はよくわかっていない。
わたしはわたしの会社の作業の取り分とかを決めるから、分かっていないといけないが、己が作業しているわけではないので今ひとつピンとこない。
そこでデザイナーに今回はどうでしたか、過去と比べてどんな作業でしたか、というか何作りましたか、みたいなことを聞いて概ねの実感をつかむ。

で、昨晩電話でメールの送信ができなくなったと言われたので、SMTPサーバーの設定が…とか言いながら、はたと「自席のマニュアル見てもらったほうが早い」と思ったわけです。
たぶんわたしの中に「入稿」という語が実感として存在しないように、そのデザイナーの中には「SMTPサーバー」なんて語は存在しない。

会社は、そのようにして語と言うか、実感の埋め合わせをしながら動いてるので、己は無駄ではないのだろうな、と思いました。

ほんとかよ。