ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

2016/06/13

週末は友達と中村屋のカレー(恋と革命のインドカレーなんだってよ。少女革命ウテナかよ…)を食べたり化粧品見たり。
音楽を生業にして、独立して10年以上という方のスタジオにお邪魔して、のち代官山のおしゃれカフェでみんなでご飯を食べたり。
そのようにして過ぎました。

ていうかやはり己の腕一つで成り上がった方はパワフルである。
私は機材のことなどなにも分からないので後ろでほえほえ言ってるだけの人間だったけど、好きな人やその知り合いの方はなんだかもう感嘆符がたくさん出ている感じだった。

「ヴィンテージとか高い機材とかそういうのじゃなくて、自分の好きな道具で好きなことをしたい」

みたいなことをおっしゃっており、道具は使いこなしてこそ、という当たり前のことを思った。
レイハラカミとかもそうだった気がする。
まあすごいひとはすごいのである。

翻って月曜日、なにもやる気が起きなかった。

高山なおみさんのレシピをツレヅレハナコさんが書き抜いており(いいのか?と思ったがいいのだろう)、それで知った「上海煮玉子」を食べた。
日曜日の夜に仕込んだので1日弱で一つ食べたけど味が染みてて美味しい。オイスターソースとナンプラーは偉大である。
適当なかけ蕎麦に小松菜とネギと一味、そして煮玉子。
小確幸というやつのひとつが味玉なのではと強く思った。

そのようにして日々は解ける。