ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

she said, she said

転職して三ヶ月が経っていた。
三ヶ月の経過は試用期間の終了と、初夏を連れてきた。

転職した理由

前の会社は大好きだったのですが、なんとなく仕事はつらく(CSでした)、
とにかく辞めないとつらいことになるなあと思っていた。
新卒で入っていればなあ…と切なくなることもあり。

アルバイトと正社員の待遇が同じ(だからバイトでいいじゃん)と笑顔で言われたり、
正社員登用の話を聞いて受けたら「やっぱりバイトできて」と言われたのが決定打になりました。*1

まあ正社員になってもボーナス出ないらしいのと、福利厚生が阿呆みたいに充実してたので、
そのあたりは特に文句なかったのかもしれないけど、、

転職活動

新卒カードを捨てた身で、しかもこの二年半ぐらいCSしかやってなくて、
わたしどうするの?買われるスキルなんてないよ?と思っていましたが案外なんとかなった。

新卒系のサイトは使わないで専ら転職系のサイトばかり使った。リクナビネクストとか。
就職SHOPは「聞くのが仕事です!」みたいなお兄さんに話聴いてもらったけど、
結果的にここで「話聞いてると諦めたくないっぽいので頑張ってみては」みたいなこと言われたのがよかったのかもしれない。知らないけど。
就職SHOPについて補足すると、紹介できる求人は多分営業とか接客が大半で、面接はないけど私の希望の職種ではなかった。
SE系もあるけど、年齢的に未経験で取ってくれるのが25歳か26歳までなので、まあその年までは諦めきれない職種・業界があるなら頑張ってみたら、とのことだった。

リクナビネクストとマイナビ転職とCINRA.jobと美術手帖と日本仕事百貨を主に見るのが日課になった。
あとIT系ならfindjobがいいですよ、と転職よくしてる人に聞いたのでそれも見ていた。

いくつか書類が通ったので、
第二新卒というカードは予想以上に使えるっぽい。

転職活動始めた(本腰入れて書類とか出し始めた)のが2014年の11月とか12月。
4社ぐらい応募して、書類が通ったのが3社。
面接で受かったのは今のところ。

最初の面接はボロボロだった。
「転職 面接」などでググると、第二新卒向けの記事とかも出てくるのでかなり参考にした。
今のところはそういうのがあまり役に立たなかったけど、対策したという安心感は得られる。
応募した仕事とか職場について調べることと、自分のやってきた仕事について語れれば大体面接は凌げる。
まあ受からなかったけど。

新卒で就職できなかったフリーターだけど、正社員と仕事の内容(CS的なこと)についてはそんなに変わらないし、
どぎついクレームも受けたことあるし、泣いたこともあるし、
とにかく「新卒と同じぐらい働きました」みたいなことを書いた。
実際、某サービスのCS的なものについては一時期私がメインでお守りしていた(と思う)のであんまり的外れでもない…と思いたい。

そして就職へ…

なんだかでたらめではあるけど私は「正社員イコール名刺」だと思っていた。
名刺が支給されて正社員なのだと。
いや、当たり前だけど正社員でも名刺を持っていない人はたくさんいる。必要じゃなかったら要らないもの、あんな紙。
でもなぜか憧れていた。

それが今では会社に来た営業にほいほい渡す紙になってしまっている。
いいのか悪いのか。

面接でカレーの話をしたら受かった。*2

まとめ

前の会社にいるときはCSのスキルのなさが嫌だったけど今思えばスキルはついてた。
多分。あと第二新卒は割と使いやすいっぽいので新卒カード使えなくて爆死しても頑張れば正社員にはなれるんじゃないかなと思いました。おわり。

また転職するときは今回ほど上手くいかないのではみたいな不安がすごい。
でも「役に立たない」と思っていた日々は、毎日積み上げていた.txtという拡張子がついた文章たちは私の血肉になっていた。
あれほど嫌だったCS的な仕事も、振り返ってみればユーザーたちに「助かりました!」とダイレクトに言ってもらえる仕事だったなと思った。
いまはその「助かりました!」を社内から聞きたい、一緒に働く仲間から聞きたいがためにバックオフィス的な雑用全般をやっているのだけど。


給料は同年代と比べたくない…。

*1:未経験だったのでバイトとして取りたかったらしいがそれは社内採用の意味がない…

*2:担当者のメールログ見たら「あのカレーの話してた人。名前忘れちゃったけど」みたいな会話が出てきた