ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

転げ落ちるようにして:音楽遍歴を振り返ってみる

anond.hatelabo.jp

さっき増田で面白そうなものを読んだので。
昔、iPodバトン?みたいなものとかも誰に回すでもないのに嬉々として答えた記憶がある。
iPodのなかに何が入ってますか?とか。そういう感覚に近いので嬉々として振り返る。

振り返ってみる

だいたい90年代のカーステレオからはこの二つが流れていた。あと山下達郎のラジオ。
おかげで、クラスの女の子たちがモー娘。の話をしているなか、
桑田佳祐の「ROCK AND ROLL HERO」の話をしているような人間になってしまった。
(小学校の頃、仲が良かった「もっちゃん」という子が、CDを聴かせてくれたのも覚えている)

あと当時イエモンのベスト盤が出たのでそれも延々流れていた。
宇多田ヒカルも聴いてたけど、私はキーが出ないのでとりあえずイエモンの方が好きでした。
「楽園」以降のシングルが入ってるベスト盤。

  • 邦楽ロックおよびJ-POP周辺

ラジオでアジカン「サイレン」が流れていて、そこからロキノン系をなんとなく聴くように。
ロキノン系と言ってもやっぱりアジカンが一番だった。
君繋ファイブエム」「ソルファ」のあたりが一番直撃。

ここに入れていいのか分からないけどスカパラとかも大好きだった。
「美しく燃える森」あたりの歌物三部作は全部持ってたし、好きだし、未だにカラオケで歌います。

  • フューチャーポップ周辺

下北沢のヴィレッジヴァンガードで流れていたYMCKの「ジョン・コルトレーン回転木馬の夢を見るか?」にどハマりする。
ジョン・コルトレーンは回転木馬の夢を見るか - YouTube

同じ時期にエイプリルズの「SPACE, DREAM, BATHROOM」もリリースされていて、
同じ売り場で展開されていた。ので、友達と話し合って、
友達がYMCKを買い、私はエイプリルズを購入した。
ここでPlus-Tech Squeeze BoxとかSonic Coaster Popとか買いました。
フューチャーポップとかネオ渋谷系とか言われてた気がする、懐かしい。

ここから階段を転げ落ちたんじゃないか。

当時読んでいた二次創作作品のタイトルに教授の曲のタイトルが使われていて、
管理人さんが「これはこういう曲のタイトルを使っています」とか解説していて、
その二次創作作品と管理人さんが大好きだった私は迷わずブックオフへ行きました。

それで「グルッポ・ムジカーレ」買って「Ballet Mecanique」を聴くんだけど、
すごくすごくびっくりしたのを覚えている。


Ballet Mecanique - YouTube

でも間奏部?のギターがぎゅいぎゅい鳴ってる感じとか、
グルッポムジカーレに入ってた他の曲もなんとなくいい感じだったのでその次に「US」を買う。

だいたい同じぐらいにYMOにどハマりする。なんでだったか忘れたけど、
youtubeに散開の映像が丸々上がってて、確かそれを延々見てたのが原因。

熱病みたいなハマり方だった。いや今もすごく好きなのだけど。
ここの熱病は2007年のHASYMO@横浜パシフィコを境にどんどん上がっていきます。
YMOハマったのが2003〜2004年ぐらい?の間、2005年のRJFは行かなかったのを悔いているので
だいたいその感じ。

YMOというか教授にハマるとalva notoとかAOKI takamasaとかも聴く。
明確にエレクトロニカ好きだ!って思ったきっかけは忘れたけどAOKI takamasaのQuantumとか
AmetsubのLinear Crypticsとかはめちゃくちゃ聴いた。

あと細野さんのラジオでi am robot and proudとかTOYを知って、
翌日渋谷のタワレコ行って買ったような覚えがある。若い。
同時進行で竹村延和とか半野喜弘とか高木正勝あたりを聴くようになる。

Corneliusって人昔こんなのやってたんだ?小沢健二って名前知ってるな…
みたいな感じでパーフリの1stと2ndが紙ジャケ再発されたので聴くようになる。

トラットリアも全メニュー集めてみたかったけどそんな財力も意地もなかった。
pizzicato fiveとかもちゃんと聞き出したのはこの辺り。ベスト盤とromantique96しか持ってない。

  • J-POP周辺

冨田ラボとか一十三十一とかキリンジとかを聴くようになる。
キリンジは完璧に知人の影響なんだけどこれはもっと早く聴いておきたかった。

これはなんでハマったのか忘れたけど一応。教授と同時進行で好きだったので、
初年度のワーハピと菊地成孔がやってたライブがかぶって泣く泣くワーハピ行った覚えがある。
(野蛮人の夜会だっけ、スカパラはどっちにも出てたので大変そうだなと思った)

もちろんSPANK HAPPYは瞳ちゃん在籍時の方が好きです。
最近は菊地先生がヒップホップにハマられているようなのであんまり聴いてない。
そう、私にはヒップホップとかそういう音楽が足りない。

いま

最近は愚音堂周辺の人々(という括りでいいのか?権藤さんとか河合さんとか)を
聴いていたり、久しぶりにCD買ったりしています。
音楽を熱心に聴いててライブとかすごく行ってた頃の自分の方が楽しそうだったので
とりあえずそこに戻ろうみたいな感じで。ライブのチケット逃しまくってるけど。