ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

BASE PASTAを食べてみたよ

BASE PASTAがずっと気になっていた。完全栄養食ね〜、なにそれ美味しいの?という感じで。 最近はずっと「夜はダイエット()のために炭水化物あんまり食べたくないな…」みたいな気分なので、 それがまあ、栄養があるという建前のもと食べられるならいいよねと…

今週ずっと人と会う予定があって(レッスン含めて)、めでたい。 アラサーという年齢、1990生まれ、私たちは結構色々悩む年ごろになってしまったんだなと思う。幼馴染とは「推しカプとか好きなシチュエーションの話ばかりしてたのにね!」と笑われた。本当だよ…

特に書くことがない(あるにはあるんだけど)、ブログ放置しがちなのは良くないと思う。 不穏な記事が一番上に来ているし、いや、心療内科にはもっと安易にかかっていいのかな、と思った。 とりあえず職場で大泣きすることはなくなった。 こわい、つらい、しん…

近況

8月はほぼ毎日絵日記描いてた。 ボールペンで書いたり色々してて、今は鉛筆と水彩色鉛筆という感じになっている。 恋人と普通に話してる時にも仕事のことが思い出されてボロボロに泣いてしまう、みたいなのが多くて、さすがに人間としてまずい感じがしたので…

恋はご多忙申し上げられて

昨晩、何気なく点いていたリビングのテレビを見ていたら桑田佳祐が「若い広場」を歌っていた。教えてよ!NHKの「SONGS」今日だったのかー。なんとなく見てたら「波乗りジョニー」見れたのでよかった。 野球はたぶん現地ファンが一番困惑して喜んでるんだろう…

反省会が終わらない

今日も走ったんですけど走ってる最中、5分もない時間だけどすごくポジティブになれる瞬間がある。 恋人と一緒に走るんだけど喋りながら走るわけではないので当然めちゃくちゃ自分と向き合うことになり、「しんどい」「苦しい」以外にも、過去の過ちとかが無…

きらきらのインターネット

だいたいニフティサーブみたいな頃に自分がインタネッに居なかったとしてもtwitterの黎明期には居たし、 今もいるし、なんなら消せないブログはずっとインタネッを回遊してるし、いつになったら黒歴史ってなくなるんだろう。 興味深く眺めている人はたくさん…

Today

#nowplaying 進水式(live) by KIRINJIオーチャードホールだっけ、全然お客さんが入らなくて仕方なく二階席だか三回席を締め切ってスタッフ席みたいにした、みたいな話。 堀込(兄)の書く不穏な歌詞がすごく好きなのでもっと変な歌詞書いてほしい。コトリンゴ…

ワーハピおつかれさまでした

ひさしぶりに行った。 持って行ってよかったもの 日焼け止めと日焼け止めパウダー サコッシュ ビーサン クーラーバッグ 帽子 アームカバー 首かけタオル 会場着いてすぐにスカートに履き替えたのでポケットがなく、サコッシュあって大正解だった。またこうい…

ドラマもないそんな僕らの

アジカンの「真冬のダンス」は結構口ずさんでしまうんですよね。射手座は常に「自分は強運」と思っていて欲しいのです。実際そうですし。ピンチだと思ったら「神様私のこと大好きだなぁドラマ用意したいんでしょ?」って言って欲しいです。誰かを恨んだりは…

#nowplaying 若者のすべて by フジファブリックむかしツタヤでバイトしてた頃、bank bandがこの曲をカバーしたことについて、同じシフトで入ってた同僚が荒れてたことを思い出す。 そんなカバー要らない、みたいな感じ。 たまにあるじゃんそういう気持ち。具…

近況百選

特になんてことない日々ばかり過ごしていて、インタネッの方々には心配ばかりお掛けしている気がする。インタネッだけじゃなくて身近な人々にもご心配を…わたしの精神衛生は悪くなったりよくなったりを繰り返しています、メンがヘラヘラしてるわけじゃないん…

「証明してくれ」

とにかく頑張りたくない。いや、頑張りたいんだけど、日中やっている仕事についてはやる気がもう50回ぐらい根本から折れているので「出社しただけでも偉い」という意識になっている。仕事に関してはできているのかできてないのかよく分かっていない。今はも…

そろそろ夏のプレイリストを聴く

supercellの「君の知らない物語」とかフジファブリックの「若者のすべて」とか聴く時期だよ。/恋人や友人に心配かけてて申し訳ないのだけど概ねわたしは元気で、というか元気だという弁明をして回るのもなんだかなあと思いつつ、ああいうことを書くほうが悪…

沈没する

なんかずっともやもやしている。 誰かに大きな声で泣きわめきたい。苦しいししんどいって伝えたい。今朝も昨日の何とも言えない寂しさなどを思い出してピザトーストを作りながら落涙した。自分が何を食べたいのか分からなかったので、とりあえず自分の「美味…

剥離

SNSの偉い人と実際の偉い人でキャラクターが違うのは当たり前なんだけど疲れているとその事実がうまく認識出来なくてしんどくなる。 SNSの使い方の違い、距離の取り方の違いなんだけど私の周囲でそんなにもキャラクターが違う人は居なかったから余計に疲れる…

散財のゆくえ

特に動機も何もなく英語を習っていると、たまに初対面の講師に「英語を習ってどうなりたいの?」と問われることがある。こちらは稚拙な英語で「特に何もないです」と答えるわけにもいかず、なんとなくスペインのバルセロナへ行ってみたいなと思うことがあっ…

夏が暑いことを忘れがち

毎日毎日誰に許可を取ってこんなに暑いのか、とTwitterで去年あたり見かけたことを口走りそうになる。でもこれからもっと暑くなるんでしょう。日当たりのいい自室は真夏の間クーラーがあまり効かなくなる。小学生の頃履いていたスカートを久しぶりに履いた。…

外圧の話

絵を描くことがアイデンティティにならない自分、それはそれで気楽で腑抜けでいいんだなという気分になった。 高山なおみのエッセイで、機織り作家になりたかった自分がまだ押し入れの中に残っている、という話をしていて、わかる、と思った。私もそういうふ…

私は誰かの捜し物になりたかった

長い間、誰かの捜し物になりたいって思ってて、自分が書いたレポートや文章が誰かの目的物であって欲しいって思ってた。 「あの番組見逃したけど誰か感想書いてないかな?」「あのライブ行けなかったけど、どこかにレポート落ちてないかな」概ねそういう動機…

朝からピチカートファイブなんて聴いてはいけないんだけども

自分の性格上やる前に言ってしまうと満足してしまってやらないので最近夢中なことは言いません。でも一つ、いま夢中になっていることがある。それを考えるだけで嬉しい。仕事について考える機会が多い。ここ数日、夜は病的に眠くて参ってしまう。 やらなくて…

精神衛生のメモ

私は己にめちゃくちゃ甘い人間なのでしんどい時には無理をしないで休む。甘やかす。たまに回復しないこともあるけど割と有用なものが下記。 料理をする 簡単なものならピザトースト、面倒なものならチキンティッカマサラとかキーマカレーとか とにかく手を動…

素朴な日常の話

mochapi.hatenadiary.jpこのブログは基本的に凄く好きなブログの方(ブロガーとは言いたくない)を真似していて、ネガティブなことも昨日食べたご飯のことも行ったライブのことも一緒くたにして書いておこう、みたいな感じなのだけど、素朴な日常って言われる…

性根が腐っている

ミスをしてしまって注意をされて心苦しい。 コミュニケーションは難しいと思う。こんなにも苦しいのは多分わたしがもっと人とコミュニケーション取って和気藹々やってゆきたいと思っているのに、現実はそうじゃなくて、挨拶がなかったり、話していても特に気…

私は思ったことをうまく語にできない

先日、会社のゴミ捨て場でボヤがあったらしく、管理会社の人が説明に来た。 そのときちょうど掃除をしていて玄関にいたので、顔見知りの管理会社の方が視界に入ったとき「いつものお知らせかな」と思ったのだった。ボヤ騒ぎだったのだけど。 「というわけで…

生まれた街を出ていない

私は生まれた街を出ていない。 もう20年以上この街にいるのだから、当然、知り合いは多い。その殆ど全ては祖母の知り合いで、だから年が2倍か、3倍ぐらい離れた"お姉様"たちなのだった。 昔は台所にそのお姉様方が多い時で5人ほど集まってはお茶を飲み、あの…

近況

人のブログ読みたいとか日常読みたいとわめきながら私が全くブログ更新していないのであった。 だめじゃん。なんだかライターとして仕事をやることがあるし、きちんと文章を読もう!と思って、 思って手に取ったのが植本一子の「家族最後の日」だった。 文章…

HASのライブから10年経った話

あの日から10年も経つの 2007年、私はまだ高校一年生だった。 その年の3月にあったサディスティック・ミカ・バンドの再結成ライブには行きたかったけど、期末試験とだだかぶりしており、泣く泣く行くのを諦めた。程なくして「YMOが横浜でライブをやるらしい…

日付のない日報

5月の連休が終わってしまって気分が淀む。/はやくスノーボードやりたい、また次の冬には滑れなくなっていそうで怖い。体力作りもやらないといけないし、切実に痩せないと今後の人生が苦しくなるのは目に見えている。 一度ジムへ行ってみるのもいいかもよ、…

スノーガールに憧れたままで

あっという間に冬が過ぎ去ってしまった。2016-17シーズンはとっくに終わってしまって、ぼんやりしながらBurtonのサイトを見たりしている。 今まで絶対に見なかったサイトの一つだ。この間なんて、ふっと家から駅に向かう緩やかな坂を見ていて、 「ああ、この…