ネコミミ新世界

日記その他もろもろ

語の過剰さ

アリプロのベスト盤の残骸みたいなデータが手元にあるので最近ずっと聴いている。
コッペリアの柩が一番好きなんだけど、いい加減残骸ばっかり聴いてるの嫌なので欲しいところ。

いまなら絶対データ(テープ)くれって言うよなあ。
起こし切ってみせるよ。

サイトに繋げるために昔のログを見てるけど、なんか、あの、熱量がすごい。
いまこんなにMC覚えて帰れるかなあ。帰れないんだけど、多分興味が当時ほどないからだと思う。
当時はそれが全てだった。
今は少しだけ興味が別にズレてしまっている、悲しいけど。
私は生きてゆかねばならない、そういう熱がすこし落ち着いたあとでも完璧に読ませるレポートが書けたらいい。
書いてみせるよ、と思う。

#nowplaying 未來のイヴ by ALI PROJECT

なんか過剰さにおいてこの人たちの右に出る人あんまりいないと思う。すごい。
菊地成孔の話も過剰で好き、彼の話聞いてると細野晴臣のOver The Topだっけ、あのコンセプトを思い出す気がする。

日付を跨ぐ

昨日だったか一昨日だったか、かなりはっきりと、今年はしあわせになろう、願いを叶えよう、と決めた。
思ったのではなく、決めた。
決意というとニュアンスが少し強くなってしまうのだけど。小学生が「きーめた!」という感じが近いと思う。

去年概ねしあわせだったから、今年はもっと自分の憧れとかやりたいこととかに手を伸ばしたい。
ランニングもスノーボードも、出来た時の多幸感と、出来るようになってゆく、という成長が嬉しいんだなと思う。
この歳になると新しいところにエイヤッと飛び込めないから、飛び込むのに勇気がいるから、たくさん手を取ってほしい。
私も手を取るから。
私の得意なところなら、私が手を取るから。

週末はセンター試験だったようです。
私は内部進学なのでセンター試験は利用していない。
日大統一テスト、略して日統一が私たちの人生の(そこそこ大きな)分かれ目で、週末会った後輩も日統一利用者だったのでその話で盛り上がった。
セレクションと非セレクションとか、特別付属と純付属とか、外様とか、結構変な話だとおもう。
学部に付属する高校があるとか推薦枠とか。

ただあの時、日芸は行けなくて、代わりに違うところに行ったことがある程度人生を決めているんだとおもう。
絵を描くとかの表現じゃなくて、どちらかと言えば文章を書くとかの表現を取ったのだった。

まあ大学決めた時点で己の人生については30秒も考えてないんだけど。

なんか久しぶりに大きい買い物をした。
セールで泣く泣く服諦めた直後にこれかよ、と思うけど仕方ない。でも春夏も悔いのない買い物をしたいよ。
予約完売もあると某セレクトショップの方に言われてびびっている。まじで…。
受注会でどうにかならないかな。

基礎ものが完璧に迷子。
コスメデコルテの美白ラインと資生堂の美白ラインが気になるけど、どうだろう。

2017/01/12

ここ数日、年末の自分が悪いんだけど残業続きで疲れている。
残業ピープルたちには笑われると思うけど、私は定時で帰って寄り道したり、別件の仕事をしたいと思っている。
なんで疲弊しきりながら世の中を良くする仕事出来るの、と思っているので良くない。
「自分が完璧に助かっていないと人を助けるなんてとてもできない」とはずっと思っていて、そういう理由もあって私は前職を辞めたのだけど、今も同じ壁にぶつかっている。
完璧に助かるなんて出来ない。
でも自分に余裕がないと手を伸ばすなんて出来ない。
世の事務職とか総務職の人々は偉大だ。作るのも尊いけど、その「作る」ことに集中できる環境を当たり前に拵えて回してゆくことも尊いのだ。

私はその当たり前が出来ないんだよなー。

それはそうと早起きを続けている。
起きたい時間の30分ぐらい前に起きて、暖房つけて、それから部屋が暖まったら起きる。
携帯電話のアラームより確かなのはテレビのオンタイマー。音と光がうるさくて目が覚めてくる。
そののち、ベッドサイドにあるランプをつければ明るくて二度寝がしづらくなる。

でも無理やり起きているので頭が働くのはせいぜい30分〜1時間ぐらい。
そうこうしているうちに本来起きる時間がやってきてタイムアップという感じ。

効率悪いのでどうにかしたい。

Twitterで見た渋い色のSARASAを買った。
でもこれ、0.5か何かなのかな。やたらインクがドバドバ出てくる。万年筆で書いたみたい。
ほぼ日手帳、裏写りしなければいいなと思うけど果たして。
色はブルーブラックというのか?、深いネイビー。しかしボルドーとかもあったけど、これボールペンで出したのが偉いんだろうなあ。
ハイテックなら普通にある色だから。

もっと明るい話題の日記がいいんだけどもう少し。
まあこういう日記があっても良いと思う。

生ハムみたいな鰹節とやらを見かけて買ってみたらすごく美味しい。これ刻んでいぶりがっことクリームチーズで食べたい。
いや普通にクリームチーズで食べて美味しそうだけど。

ここ数日ずっとサザン聴いてるんだけど、聴きたいけどiPhoneに入ってないやつが多い。
HOTEL PACIFICとか、PARADISEとか。
BLUE HEAVENも好きだったけどどんな曲だったかな…この青い空、緑も。字が違う気がする。

リンゴ剥く手を止めては見たがきっと私はそうよ私はどうせ私はナマケモノ、みたいな原坊のラップもどきが好きだったな、PARADISE。

相変わらずなんの話ししてるんだ日記だ。

歪む日々、日沈む日々

とにかく歪んでいる。気付いたら今朝になっていた。
昨日は早めに出社して、朝からまあまあフル回転だったと思う。それでも仕事は終わらない、私が出来損ないなので終わらないのだ。
ちょっともう無理かな、というあたりで帰った。世の残業ピープルたちに言ったら甘ったれんなと言われそうだ。
たぷんたぷんの湯量の浴槽に沈んで、のち、日記を書く気力もなくてそのまま眠った。

ピアス、あけた穴から水が出て来て少し怖くなる。
慌てて薬を塗る。いつも塗ってるのだけど。
今日以降、医者に行ければいい。なんの目処も立たない。

朝早く起きるのは性に合っていて、一昨日、昨日、今日と一時間ほど早く起きている。
ほんとうはストレッチなどしたいのだけど、頼まれた方の仕事をする時間にした。
もう少し書きたい。
夜の時間もこういう風に頭が冴えていればいいのにね。
書くことがまとまらない。

ここに幸あれ〜〜、エンヤコーラって桑田佳祐が甘く歌うけど、意味はつかみかねるけど、いい曲です。
私の音楽の原体験なるもの、あるとすればサザンなのでサザンが網羅してない音楽は基本的に知らないことになっている。
だからテクノポップを経由してYMOとかもハマったのだと思う。
ミス・ブランニュー・デイとかとても好きだったものね。

朝の急行電車に乗って愛の言霊の間奏部から先を聞いているとひどい浮遊感がある。
PARADISEの原坊のラップとか久しぶりに聞きたい、あとでね。

はやく、少しだけ腐った小話を書きたい。
pixivを持たなくていいと決めたら少し楽になった。
思えば昔から、クラスできゃぴきゃぴ絵を描く女の子は苦手だったし、かと言ってそういう子たちから憧れられる孤高の絵描きでもなかったな。
気楽に描きたいよね。

頑張ったら頑張った分だけ褒められたりするシステムならいいのにね。
私はもっと誰かの日記を読みたい。

日付のない日報

すごく今更だけどFate/Grand Order First Orderを見ました。ちょっとだけ。
ロマニ〜〜〜ロマニかわいいよロマニ。ストーリーパートはまだ第七章で止まってます。
弊カルデアの戦力は下記の通りなので、ちょっとレベルやフォウくんをあげないとキツい。

ヴラド公(狂) Lv.80
マシュ(盾) Lv.70
オルタちゃん(剣) Lv.73
エミヤ(弓) Lv.72
エミヤ(殺) Lv.70
牛若丸(騎) Lv.60
ディルムッド(槍) Lv.55
メディア(術) Lv.50

とりあえず槍はランサーの兄貴が居るのでそこも育てたいなとか、
呪腕のハサンも6章が格好良すぎて育てたいなとか…色々…。

なにを書こうとしていたのか忘れた。
昨日は靴を買ったのだった。レオパード柄のぺたんこ靴。
今までの私だったらまず選ばない。でも今年は少しだけ逸脱したくて、デニムパンツも色々試着した。
…脚を…どうにかしましょう…細身のパンツを履けるようになりたい。踏み台昇降とかするといいのかな。

私はなんだか色々岐路に立っている。そういう時期なのだと思う。
えいやっと心を決めて飛び込んでしまえば、案外、困らないのかもしれない。
次こそは、自分が好きな仕事をしたいし、自分を好きになれる仕事をしたい。ずっとそう思っている。
働いていて、自分が惨めになり続けるのは嫌だなと思う。

今お手伝いしている仕事で凄く頑張ってみること。

たまに「ネコミミさんが書いた文章読んでみたい」と言っていただけることがあって、
そういう方にはこそっと、お知らせすることがあるんだけど、
少しずつどこかで公開できればいいな。

なんだか腐臭がする文章も書いている。たまにこういうことがある。
どこに公開するのだろう?と思うけど、独自ドメイン直下に作るしかない。
私がずっと好きな三人組の人たち周辺のちょっと腐った話なので、そういうのが好きな方いたら、
こそっとお教えください。

色々どうにか頑張っていきたい。ねえ、やることがたくさんある。

バッグの中身は?

バッグの中身は雑誌の特集で大好きなものの一つ。
特集されていると、たとえ興味が薄い雑誌でもついつい見てしまう…。。
どういう鞄を持つのかにもよるけれど、基本はこんな感じ。

必要最小限
  • iPhone
  • リップクリーム
  • 口紅
  • お財布
  • 携帯用充電器

これはポシェットとかを持つとき。
本当に最小限なので、手帳や鞄は入らず…。

すこし荷物が持てる時
  • 手帳
  • チーク(鏡がわり。SUQQUのチークは薄くて良いです)
  • ハンドクリーム
  • 水筒

ほんとうは、ポシェットひとつ。みたいな女性が好きなのですが難しい…。
大荷物の時は、これにノートパソコンとか、ランニング用の靴などが入ります。

香水も、アトマイザーに入れて持ち歩くとか、そんなようなことをしたいのだけど…。
なかなか、難しい。
大人の女性として持っておくとかっこいいかな、というのは、

  • ティッシュ
  • エチケット袋
  • アトマイザー
  • 文庫本
  • 風呂敷とかエコバッグ

…この辺りかなあ。
風呂敷は、あると便利そうだな、と売っているお店の前を通り過ぎることが多々あり。

今年はもう少し大人の女性を目指したいところ。
まずはバッグの中から。

爪を塗ること母のこと

「そういえばさ、幼稚園の頃の話割と皆が面白がってくれたんだよ」
「そう」
「ピンクの服着たいって私が言ってたやつ」
「あれ、続きがあってさ、」

母が言う。

「あんたがさ、多分春だったと思うんだけど…マネキンがね、ピンク色の服着てたのね。
それ見て『ママもこういうの着たらいいのに!』って言ったのよ。
あたし、それでずーんと来たのね。深いところに。もちろん着なかったけど。
ああ、ほんとはこういうの、ピンクの着て欲しいんだ、って思ったのよ」

それを聞いて、全くそんなことを言った覚えはないので笑ってしまった。
母にピンク色を着て欲しい、だと?
昔から山本耀司が好きな母に?
今でこそ真っ黒を貫いてほしいと思うけど、幼いころの私は大多数のお母さんの「おかあさん感」とは違う母に、
なんとか「おかあさん感」をまとって欲しい、可愛い服を着て欲しい、と思っていたのかもしれない。

マニキュアを塗るのが趣味なのだけど、先日恋人に「お母さんの影響かもね」と言われて、なるほどと思った。
母は確かにマニキュアをずっと塗っている。黒いマニキュアを、私が小学生ぐらいの頃からずっと、同じデザインで。
私も母にせがんでマニキュアを塗ってもらっていたな、と思う。ピンク色とかだけど。
塗ってもらうと嬉しくて、動けないのがつらくて、よく乾かす間の暇つぶしでゲームボーイやってたんだけど。

今も、マニキュアを塗る前に暇つぶしを用意してから塗る。

それはそうとサイトを更新したいねと思っていて、先日小話を書いてはみたものの、
自分が目指した方向とは少しずれてちょっと腐臭が漂うものになってしまった。
早い話やおいなんだけど、こういうのはどうしたらいいんだろう。
そして私はなんでpixivがこんなに苦手なんだろう。ううん、苦手な原因は分かっていて、自分に需要がないことを思い知らされるからなんだけど、
とにかく、pixiv経由じゃなくて、でも誰かに読んでもらうこと、というのは難しいね。

さあ、どうしたものかね。
もっと小話を書こう。それから考える。

それで。

なんだか自分が知らないところで、チームが、チームと言っても自律/自立した人たちの集まりだけど、
(そしてそういうのがいいよね・かっこいいよねと思うけど)
そういう人が増えたことを知って、つまり仲間が増えていて、うれしい。
ライバルなのか、仲間なのか、とにかくうれしい。

相変わらずヤンキー座りの練習をしていて、なんで出来ないんだろうね。